岳飛伝 一 三霊の章

岳飛伝 一 三霊の章

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

負けたのだ。「替天行道」と「盡忠報国」というふたつの志の激突だった。半年前の梁山泊戦。瀕死の状態の楊令に右腕を切り飛ばされた岳飛は、その敗戦から立ち直れずにいた。頭領を失った梁山泊は洪水のために全てが壊滅状態にあった。一方、金国では粘罕(ネメガ)が病死した後、軍を掌握したのは兀朮(ウジュ)。そして青蓮寺が力を失った南宋も混沌とした状態だった。十二世紀中国で、熱き血潮が滾る「岳飛伝」開幕! 大水滸伝・最終章、待望の文庫電子版全17巻刊行開始。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2017年01月13日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2016年12月03日

待ち焦がれていた文庫化。大水滸伝シリーズの最終部「岳飛伝」の幕が開きました。

頭領を喪った「梁山泊」、「南宋」、「金」、そして南宋の中の一軍という形にはなっていますが、岳飛率いる「岳家軍」それぞれの視点から、少しずつ楊令後の世界が描かれます。

個人的に最も気になる梁山泊の様子は、頭領が不在の中、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月24日

岳飛が主人公となると、いよいよ史実寄りの内容がメインになるのかと思いきや、やっぱり第一巻は、まだまだ梁山泊が物語の中心。とはいえ、かつての栄光はどこへやら、落日の様相を呈しているのは否めず。初代のヒーローたちが、軒並み死んだか引退しているから、それもむべなるかな、ですね。ヨウレイ伝で創作された諸人物...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月11日

水滸伝、楊令伝に続く第3章。
続ければ続けるほど駄作になるものが多いですが、水滸伝から楊令伝。
とても、楽しめました。
そして、岳飛伝。
今回の作品も楽しめそうです!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月24日

百年に一度の大洪水で水に没した梁山泊。
突然の楊令の死に呆然としつつも、機能を回復しつつあるものの、今後の方向性を出せる者は一人もいない。

楊令亡き後も今までどおりの仕事をしながら、新たな指導者を待つ古い世代と、新たな道を模索する若い世代。
史進が「じじい」呼ばわりされるくらいなのだから、もう本当...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月10日

楊令伝を読んでから4、5年経ってしまい、登場人物の人間性は記憶おぼろげの状態。そうであっても、北方謙三さんが描くピリッとした漢らしい雰囲気や短い言葉に含まれる情感は相変わらず引き込まれる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています