岳飛伝 五 紅星の章

歴史・時代1位

岳飛伝 五 紅星の章

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

南宋の宰相・秦桧は闇の中で戦いが終わってからのことを考えていた。そんな中、梁山泊の宣凱が岳飛を訪ね対話をする。岳飛は答えた。「中華を中華の民の国にしたい」と。一方、梁山泊の南の開墾地は本格的に始動。戦場では南宋軍の岳飛と金国総帥・兀朮が互いを求め、渾身の力を込めた激闘を繰り返していた。突然、秦桧から南宋軍に帰還命令が届く――。岳飛の決断とは。思惑が交錯する第五巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2017年05月12日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2017年03月22日

岳飛伝になってからしばしば感じることだけど、やっぱりダイナミズムが減ってます。人物の小粒化が否めないし、そのせいもあってか、死へ向かう男の発する熱気が、殆ど描かれないのが原因ですかね。これ以上有力人物が死んでしまうと、物語として成りゆかないってこともあるんでしょうが、今回、ウジュは間違いなく倒れるん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月08日

長い長い戦いが終わった。
岳飛は史実通りに秦桧に追い詰められていくのだろうか??
そしてネタバレ。
ついに呉用が死んでもた。
今後の梁山泊の展開は如何に!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月25日

ウジュと岳飛の闘いがし烈を極めていくが、南宋と金の講和のために中断。あくまで岳家軍として「抗金」を掲げる岳飛。国内の安定のため軍閥を解体し南宋軍に組み込む方策を図る宰相・秦檜。互いの理念と志は交わることなく確実に破局が近づきつつある。
一方、梁山泊では呉用が静かに最期を迎える。
当初の堅物・嫌われ者...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月01日

結局、岳飛とウジュとの間に決着はつかず、南宋軍と金軍は講和する方向で調整することとなった。その後の各人の行方をそれぞれ追っていく。史実を知らないので、それぞれの話が歴史上のどういった意味・布石なのか感じ取ることができないが、今後の推移を見守りたい。個人的には秦容と韓セイの話が好き。後、呉用の死で、ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月22日

南宋と金の激突は痛み分け、それを見届けるかのように梁山泊の頭領・呉用が息を引き取り、替天行道の旗とともに葬られます。最期に発した「岳飛を救え」という言葉に、これからの展開が秘められています。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています