岳飛伝 三 嘶鳴の章

岳飛伝 三 嘶鳴の章

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

金軍総帥・兀朮が梁山泊の北に展開すると同時に、撻懶の軍も南進を始めた。戦いの幕がついに切って落とされた。呼延凌率いる梁山泊軍との全面対決となる激突だった。史進の遊撃隊の奇襲により、大打撃を蒙った金軍は後退し、戦いは収束。梁山泊は若い宣凱を単身金に差し向け、講和の交渉に入った。一方、岳飛は来るべき戦いに向け準備を開始する。それぞれの思惑が交錯し、血の気配漂う第三巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2017年03月03日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2017年01月30日

ヨウレイ伝が進むにつれ、だんだん水滸伝の登場人物が姿を消すようになってきて、人間関係が掴みきれなくなってきた。それでもなお、熱いヒューマンドラマが繰り広げられたし、特に余韻を残す各章末の締め方には、毎度惹かれるものを感じていた。正直、そのパワーを少し弱く感じる自分がいて、特に今回は、これといった見せ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月11日

もはやなんのために戦うのか?
好敵手との戦いを楽しむ。
そんな雰囲気??
この先、どういう展開にして盛り上げていくていくのか。
楽しみにしています。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月21日

史進は老いを感じるようになってきたし、呉用もいつ死んでもおかしくない状況。
呼延凌は軍の若返りを図り、着々と世代交代が進む三巻。

でも、もう舞台は梁山泊だけにとどまらない。
宣凱は呉用のあとを継ぐんだろうなあと思うけど、秦容(しんよう)は梁山泊を出て越なんのさらに南の地を開拓して甘藷をつくろうとし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月20日

静かに進む序盤ですが、その中で梁山泊軍を抜けた秦容、金との講和交渉に臨む宣凱、運命の人と出会う王貴に王清、新世代の活躍の一方で衰えを実感する史進、さまざまな人生が交錯しています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月26日

「岳飛」伝ではあるけれど、梁山泊中心に話が進む感じがするのは、水滸伝だからか。
梁山泊という中華の歴史に入り込んだ突然変異の細胞が、揚令の死により、中華全体、周辺国へ広がる気配。
金にも南宋にも梁山泊の志が入り込んでいく。
その中で「岳飛」はどの様な役割を担っていくのだろうか?
「梁山泊」はさらにス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています