替天行道/北方水滸伝読本

替天行道/北方水滸伝読本

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【収録コンテンツ】■北方さんが創作上使った108人の好漢の「人物事典」 ■北方謙三氏のメッセージ(執筆開始と完結時) ■北上次郎氏や吉田伸子氏など書評家の書評 ■担当山田氏の作品への感想メール(裏話満載) ■川上健一氏×北方氏対談 ■物語の地図と年表 ■小説すばる掲載時の「漢詩」 ■文庫刊行時企画「北方水滸伝メール」全文掲載 など、北方水滸伝にまつわるファン必見のコンテンツが満載です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
424ページ
電子版発売日
2012年08月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

替天行道/北方水滸伝読本 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月16日

    こういった類の本は割とさらっと読むのだが、これはじっくりと読ませてもらいました。北方謙三の生き様がはっきりと伝わります。これを読んだあとにもう一度19冊読み直したいと思わせます。もちろん楊令伝も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    水滸伝シリーズはまさに替天行道であったよ
    という意味をこめてこれを一冊目に登録してみました
    読んだらいいよ
    この読本自体も面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月08日

    原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
    原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
    原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
    俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月07日

    北方謙三が水滸伝を大胆に再構築した長編小説のレファレンス。これから19巻を読み進めるのに必携ですが、原本とは違うものなのも理解できました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月23日

    「北方」水滸伝のウラバナシ的なお話。
    執筆中の担当編集者からの公的なFAXに私的な感想や、
    連載中もしくは連載後のインタビュー、対談を集めたもの。

    個人的にはすごく面白くて、
    もう一度、水滸伝を読み直したい、と思った。
    (が、ただいま同僚に貸し出し中。。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月30日

    北方水滸伝の文庫には“解説”はあっても“あとがき”がない。なぜならこの本があるから!!北方水滸伝は絶対再読したくなる。1回目は勢いで読めたけど2回目はじっくり読みたい。ただ、なにせ108人出てくるから、誰が誰だか忘れてしまう、それが難点。けど大丈夫!!なぜならこの本があるから!!そうゆう贅沢な本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月17日

    北方水滸伝は、本当にオススメの小説ですが、
    これはそのラストの巻。

    読本だが、これを読むときには北方ファンになっているでしょう!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月14日

    色んなインタビューや対談、編集者の方の手紙がまとめられていて読み応えがありました。
    最後の北方さんと編集の方の対談はとてもおもしろかった!
    また、主要な登場人物の設定もまとめられていて、改めて登場人物について知ることができるのでいいなーと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月07日

    北方水滸伝の解説書。
    大の水滸伝マニアである編集者による
    ゲラ送りのFAXによる手紙が面白い。

    この大作が書かれた舞台裏を楽しむ副読本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月10日

    【~小説とは何かと考えると、小説はだれもがわからなければいけない、中学生が読んでもわからなければいけない、中学生が読んでも面白いと思わなければいけない。でも、どこかに誰にもわからない部分がある。それが小説、物語なんだ~】

    いろいろな作家の批評、連載中の各メディアに載せた本人のメッセージなど。後日談...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

替天行道/北方水滸伝読本 に関連する特集・キャンペーン