ピエール・ルメートルの一覧

「ピエール・ルメートル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

文藝春秋2021年12月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/11/10更新

ユーザーレビュー

  • その女アレックス
    どういう終わり方をするんだろ?
    残りページすくないのに。。とヒヤヒヤしながら読んでました。
    けど、読み終わってすっきり
  • その女アレックス
    面白さが後半に行くにつれて上がっていくような作品だった。アレックスへの印象が「可哀想」→「ひどいやつ」→「めちゃめちゃ可哀想」→「かっこいい」となった。
    2回目読む時はアレックスへの視点が一回目とは全く異なるようになり、違った作品を読んでいるかのような感覚になった。

    文章のまとまりの最後あたりに新...続きを読む
  • われらが痛みの鏡 下
     今年はピエール・ルメートルの作品が二作立て続けに読めた年。しかも先に読んだ『僕が死んだあの森』の後は、ルメートルはミステリーをやめたという話もあるくらいだから、今後は本書のようにハヤカワ・ミステリで出版されてはいるものの、冒険小説に近い普通小説の枠で書いてゆくのだろうか?
     本書は第一次と第二次世...続きを読む
  • われらが痛みの鏡 上
     今年はピエール・ルメートルの作品が二作立て続けに読めた年。しかも先に読んだ『僕が死んだあの森』の後は、ルメートルはミステリーをやめたという話もあるくらいだから、今後は本書のようにハヤカワ・ミステリで出版されてはいるものの、冒険小説に近い普通小説の枠で書いてゆくのだろうか?
     本書は第一次と第二次世...続きを読む
  • わが母なるロージー
    久しぶりにヴェルーヴェン警部、カミーユにお会いしました。相変わらず良いですね。ルイも変わらず良い。翻訳物は読みにくい作品に出会うことままありますが、このシリーズ、橘明美さんの翻訳版は間違いないですね。満喫。カミーユシリーズ、もう終わりだというのは悲しい。また描いて欲しい。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!