三上延の一覧

「三上延」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三上延(ミカミエン)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

武蔵大学人文学部社会学科卒。2002年『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。『シャドウテイカー』、『偽りのドラグーン』、『ビブリア古書堂の事件手帖』などの作品を手がける。代表作『ビブリア古書堂の事件手帖』はドラマ化されている。

配信予定・最新刊

NEW
yom yom vol.60(2020年2月号)[雑誌]

作品一覧

2020/01/17更新

ユーザーレビュー

  • ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~
    プロローグ 『クラクラ日記』坂口三千代(文藝春秋)
    坂口安吾の死後に奥さんが書いた随筆。
    著者が銀座に開いたバーの名前。文人の常連が多いお店。
    フランス語で野雀の意味。
    「この本は好きになれない」と言いながら、なぜ栞子さんが、五冊もこの本を持っているのか大輔は不思議に思います。

    第一話 アントニイ...続きを読む
  • ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
    このシリーズは、かなり以前に書店に行くと、一番よく見える平台に山積みにされていたのをよく見かけましたが、その時は表紙の絵が漫画だったので、少年少女向けかと思いあまり、気にしていませんでした。でも最近ビブリオミステリーにはまり、フォロワーさんのレビューも拝見し、読んでみたら1話ごとに本が1冊以上登場す...続きを読む
  • ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編
    ②以前、文庫で揃えていたブラック・ジャックですが、初めて読むものもいくつかありました。やはり面白い。三上さんの解説も良い。
  • 同潤会代官山アパートメント
    ビブリア古書堂の事件手帖に続いてのヒットだと思う。
    昭和の初期から物語はスタートする
    竹井八重→恵子→浩太と進→千夏と家族3世代の物語がひとつのアパートから始まる
    このクリスマス前に読んで欲しい作品。

    八重は妹の婚約者だった竹井と同じ悲しみから家族になります。
    恵子は終戦後ずっと待ち続けていた俊平...続きを読む
  • ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
    栞子さんの感じが、とても好きでした。
    きっと結婚後も旦那様と良い関係を築ける事でしょう。
    続きも読んでみたいです。