「三上延」おすすめ作品一覧

「三上延」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三上延(ミカミエン)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

武蔵大学人文学部社会学科卒。2002年『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。『シャドウテイカー』、『偽りのドラグーン』、『ビブリア古書堂の事件手帖』などの作品を手がける。代表作『ビブリア古書堂の事件手帖』はドラマ化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/11/16更新

ユーザーレビュー

  • ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌
    へ~、別の作家か書くスピンオフってあるんだ。京極夏彦の百鬼夜行シリーズのスピンオフとか同一作家モノは読むけど、異作家モノは初めて。期待を超え、本編に劣らぬ傑作だった。そして、本編以上に正統にして王道、日経BPの定義のまんまのラノベでありつつ、しっかりと本編の魂を継いでいる。栞子さんのうらやむ「お気に...続きを読む
  • ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~
    番外編。本編の未来軸。ちょこちょこ忘れている登場人物とかいたりして笑。

    本とのつながりって不思議なんだけどな。
  • ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~
    "今回の古書は太宰治さんの「晩年」。おもしろかった。
    まだまだ続けてほしいシリーズですが、古書にまつわる話を作るには、相当の調査が必要なのだろう。"
  • ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
    <目次>
    プロローグ『王さまのみみはロバのみみ』
    第一話 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』
    第二話 『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』
    第三話 宮沢賢治『春と修羅』
    エピローグ 『王さまのみみはロバのみみ』

    <登場人物>
    五浦大輔 主人公。ビブリア古書堂の店員。本は読めない。
    篠川栞...続きを読む
  • ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~
    今までの登場人物を活かしながら、それぞれの物語を更に深めていた。特に北原白秋の「からたちの花」のエピソードと、『雪の断章』のエピソードが良かった。

特集