ビブリア古書堂の事件手帖(1)
  • 完結

ビブリア古書堂の事件手帖(1)

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

就職浪人中の五浦大輔は、祖母の遺品の夏目漱石全集に書かれたサインの鑑定のために、ビブリア古書堂を訪れる。なりゆきで、入院中の店主の元を訪ねると、そこには高校のころ偶然見かけた美しい黒髪の女性・篠川栞子がいた。人見知りだが古書の知識は並大抵ではない栞子は、夏目漱石全集にまつわる謎を読み解き、大輔に語り始めた…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川コミックス・エース
電子版発売日
2013年02月07日
サイズ(目安)
32MB
  • 映画化

    「ビブリア古書堂の事件手帖」

    2018年11月1日公開
    出演:黒木華、野村周平、成田凌

ビブリア古書堂の事件手帖(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月10日

    読後感も良く、さっぱりしているいい話。無茶振りも無理やりも特になく、伏線がきちんとあるストーリーは読みやすい。また、背景描写も詳しくされているため、丁寧に書き上げられた作品という感じがして面白い。
    キャラクターも好感が持てる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月04日

    読みやすかった!
    栞さんが謎を解き明かすまで真相が読めないとこがあったりして、飽きなかった(-´∀`-)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月01日

    長い間気になっていて、なんと古本屋で出会ってなにかのご縁かと思って購入。
    頭の切れる方ではないのでミステリーというジャンルはあまり得意ではなかったのですがサラサラと読み進めてゆけました。もちろん謎は解けず栞子さんの解説にホォーとなりっぱなしでしたが、、、苦笑
    もう少し読んでみようと思います。 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月12日

    ライトな小説ではあるが、ミステリーとしてなかなかに本格派。名作書物をミステリーの入り口に据える発想が秀逸。主人公2人のキャラ設定、共依存的な関係性も面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月18日

    軽く読めた。「ものすごい本好き」な人種がいることを初めて知った。新しい世界を見れてよかった。謎解きも面白かったし、続編もぜひ読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月20日

    本をメインにしてる話は個人的にとても好きで、この作品も面白かった。
    原作は見ていないしドラマも見ていなかったけど、十分に楽しめました。
    欲を言えばもっと見たかった…!
    原作はまだ続いてるようだし、終わり方が気になるところで完結になってたのが気がかりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月12日

    前から一度読んでみたかった作品。
    面白かった。
    ヒロインの栞子さんが、美人で頭も切れて愛らしいんだけど、人として何か欠落したような不気味さもほんのりあって、いい探偵役だった。
    作中に出てくる、小山清『落穂拾ひ』読んでみたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月29日

    面白かった!
    それぞれの話が微妙につながっていて、入り込みやすかった。
    個人的にマサ君夫妻にほっこり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月27日

    ドラマの栞子(しおりこ)の剛力彩芽さんは確かにすごい今時美人ですが、原作の栞子はセミロングで恥ずかしがり屋な所が男心揺さぶる感じがしてとても良い作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月09日

    一話づつ話がほぼ完結してるので読みやすかった。続きもぼちぼち読もうかな。
    ドラマの配役はイマイチやね…。

    このレビューは参考になりましたか?

ビブリア古書堂の事件手帖(角川コミックス・エース) のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ビブリア古書堂の事件手帖(1)
    完結
    就職浪人中の五浦大輔は、祖母の遺品の夏目漱石全集に書かれたサインの鑑定のために、ビブリア古書堂を訪れる。なりゆきで、入院中の店主の元を訪ねると、そこには高校のころ偶然見かけた美しい黒髪の女性・篠川栞子がいた。人見知りだが古書の知識は並大抵ではない栞子は、夏目漱石全集にまつわる謎を読み解き、大輔に語り始めた…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。
  • ビブリア古書堂の事件手帖(2)
    完結
    鎌倉にひっそりたたずむ古書店「ビブリア古書堂」で働き始めた五浦大輔は、店の常連であるせどり屋・志田から、盗まれた古書の買い取りがあれば教えて欲しいという奇妙な依頼を受ける。その古書は「落穂拾ひ・聖アンデルセン」――。事の経緯を栞子に伝えると、彼女は自分達で志田の本を捜し出すと言い出し…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。
  • ビブリア古書堂の事件手帖(3)
    完結
    大輔に次第に心を許しはじめた栞子は、入院している怪我は階段から落ちたのではなく「突き落とされた」ためだと告白する。犯人はなぜ栞子を襲ったのか…古書が事件を巻き起こす!?話題のビブリオミステリ第3巻!
  • ビブリア古書堂の事件手帖(4)
    完結
    大輔に次第に心を許しはじめた栞子は、入院している怪我は階段から落ちたのではなく「突き落とされた」ためだと告白する。犯人はなぜ栞子を襲ったのか…古書が事件を巻き起こす!?話題のビブリオミステリ第4巻!
  • ビブリア古書堂の事件手帖(角川コミックス・エース)(5)
    完結
    大輔の元彼女が、亡き父の本の査定をビブリア古書堂に依頼してきた。亡き父が「ビブリア古書堂」に査定を指名した理由は…? 話題のビブリオミステリ第5巻!
  • ビブリア古書堂の事件手帖(6)
    完結
    足塚不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」の買い取りを持ちかけてきた謎の男性。彼はどうやら、失踪した栞子さんの母親のことを知っているようで…? 話題のビブリオミステリ第6巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています