ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

本を読めない「体質」の五浦大輔は、古本を売りに鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」を訪れる。店主は人見知りだがきれいな女の人で、持ち込まれた古書の謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。【小学上級から ★★★】

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川つばさ文庫
シリーズ
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
電子版発売日
2017年12月15日
紙の本の発売
2016年08月
サイズ(目安)
5MB

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年02月26日

    短編集。
    「晩年」感想
    どんな手を使ってでも、自分の手元に本を残そうとするはずだ。
    度を超した執着は人を不幸にする。
    どんなに大切なものでも、自らを危険にさらしてまで守ろうとするのは、やはり正気の沙汰ではない。
    犯罪だとわかっていても・・・というより栞子を突き落とした時点で犯罪なのだが・・・「晩年」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月07日

    発売前からコメントしていた角川つばさ文庫版「ビブリア古書堂の事件手帖①」を購入して再読。今回のつばさ文庫版は越島はぐさんのラフイラストで登場人物が描かれているため新鮮だった。そして栞子さんは極力お澄まし顔だったのでニヤニヤして読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月10日

    落穂拾い、読んでみたくなりました。
    このシリーズは読んでみたくなる本が出てきますが、栞子さんから聞いてもみたいですね。
    大輔君が羨ましいです。

    このレビューは参考になりましたか?

ビブリア古書堂の事件手帖 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件

ビブリア古書堂の事件手帖 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川つばさ文庫 の最新刊

無料で読める 児童書

児童書 ランキング