図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)
  • 値引き

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

作者名 :
値引き価格 363円 (330円+税) 10月29日まで
通常価格 726円 (税込)
紙の本 [参考] 733円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが……!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2011年04月
サイズ(目安)
3MB

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    図書館戦争大好きです!

    Kitori☆ 2013年10月28日

    本当に図書館戦争さいこう!
    堂上教官かっこいい(^o^)

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ツンデレ

    ぶるま 2013年07月26日

    有川浩さんにハマった作品。代表作だろうし。痒くなる様な少女漫画的な作品です。好き嫌い分かれるかも。ツンデレの後ろに甘々あり。中学、高校生に是非!キュンを忘れてしまった大人にも!自衛隊三部作とカブる部分もあるので戦闘好きにも!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月08日

    何年か前に読んで、2回目。
    なんだけど、内容全然覚えてなかった!ので、わくわくしながら読みました。
    はじめて読んだ時は、戦闘シーンとかが苦手だなってイメージだったんだけど、
    でも、設定がおもしろいし、登場キャラクターがそれぞれみんな素敵でとっても好き!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    私が有川浩さんにハマるきっかけの本であり、人生で1番好きな本です。人間関係も、展開のテンポも、登場人物の人柄も、全部が好きです。ドストライクの作品!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とても好きなシリーズです。

    なな 2020年01月07日

    何年か振りに読みましたがやはり面白かったです。
    購入したので、返却期限等を気にせず何度も読み返せるのが嬉しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    人生で初めて自分から読んだ文庫本!
    似てるようで、まるで似てない世界設定に手こずったけどそこを乗り越えれば軽快な会話文、地の文、キャラ設定にどんどん惹かれていった。作を重ねるにつれて複雑化していく世界にどんどん引き込まれて、夢中になって、読み終わったときの喪失感が大きかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月06日

    期待通り。
    この人は言葉のチョイスが絶妙だな。
    しゃべり方で、ちゃんとキャラを描き分ける。
    そして、ズルイ人があまり出てこない。
    ズルイ言動があっても、そのズルさをちゃんと自覚しているし、その報いも受けている。
    登場人物全て好きになれる。
    ただ、設定は突き抜けてるな……。
    一般市民が利用する公共施設...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月10日

    漫画化にアニメ化に映画化と人気の作品です。2013年に岡田准一×榮倉奈々で映画化されたのは私も見ました。文章で読むと難しく感じる時代背景などは、映画を観ると分かりやすく入り込めると思います。映画も面白かったけど、原作も面白い!アクションありコメディあり恋愛要素ありと盛りだくさん。堂上教官の熱い想いが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    図書館戦争

    tomo 2013年06月15日

    凄く感動しました。
    図書館について、色々考えさせられました。勉強になりました。
    登場人物の堂上と郁のやり取りや周りの人間関係にも羨ましくなりました。
    今後があれば、玄田と緒方さんの未来を知りたいとおもいました。もちろん、堂上班もですが・・・・。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    オススメ!

    ひな 2013年04月22日

    ひさしぶりにどストレートにハマりました!

    ずっとタイトル的に気になってたんですが、早く読めばよかった!

    内容、キャラクター、全て☆10です(笑)


    おまけでついてくる5・6巻は
    完全にサービスカットですが
    ファン読者としてはたまりません。

    アニメ化、映画化で、
    逆に、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

図書館戦争シリーズ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)
    値引き
    2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが……!?
  • 図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2)
    値引き
    図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。毬江は小さいころから面倒を見てもらっていた図書隊の教官・小牧に、密かな想いを寄せていた。そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、いわれのない罪で小牧を連行していく――かくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した!?
  • 図書館危機 図書館戦争シリーズ(3)
    値引き
    思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!? 表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでに恋も……!?
  • 図書館革命 図書館戦争シリーズ(4)
    値引き
    原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。動揺する郁。そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった――「お前はやれる」。表現の自由、そして恋の結末は!?
  • 別冊 図書館戦争I 図書館戦争シリーズ(5)
    値引き
    晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く――!? 恋する男女のもどかしい距離感、そして、次々と勃発する、複雑な事情を秘めた事件の数々。本日も、ベタ甘警報発令中!
  • 別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6)
    値引き
    “タイムマシンがあったらいつに戻りたい?”という話題で盛り上がる休憩中の堂上班。黙々と仕事をしている副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は手を休め、遠くを見つめるように静かに答えた――「……大学の頃、かな」。未来が真っ白だった無垢な時代。年をとるごとに鮮やかさを増す、愛しき日々。平凡な大学生であった緒形は、なぜ本を守る図書隊員となったのか!? 過去と未来の恋模様。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています