ジェイムズ・P・ホーガンの一覧

「ジェイムズ・P・ホーガン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ジェイムズ・P・ホーガン(ジェイムズパトリックホーガン)
  • 性別:男性
  • 出身地:イギリス
  • 職業:作家

イギリスの作家。1941年生まれ。コンピュータ・セールスマンから転身、一気に書き上げた処女作『星を継ぐもの』が翻訳紹介されると同時に爆発的な人気を博する。以後、『創世記機械』、『未来の二つの顔』、『未来からのホットライン』など、最新科学技術に挑戦する作品を矢つぎばやに発表。幅広い読者を獲得している。現代ハードSFの旗手と目され、ことごとくがベストセラーとなっている。2010年歿。

作品一覧

2018/12/28更新

ユーザーレビュー

  • 星を継ぐもの
    これは面白かった。久しぶりに小説を夢中で読んだ。科学的な議論の場面が非常に多いが退屈させない。徐々に明らかになる事実。それらの事実を矛盾なく説明するための推論。ミステリーのような面白さがあった。荒涼とした宇宙で生き、滅んで行く生命の哀しさも胸に迫る。全てをきれいに説明する理論が打ち立てられたと思った...続きを読む
  • 星を継ぐもの
    月面を調査していたら遺体を発見した。調査の結果、それは5万年前の人類だとされた。5万年も前の人類が月に行くだけの技術を持っていたのだろうか・・・調査のリーダーは原子物理学者のヴィクター・ハント。月にいた人類はルナリアンと名付けられた。ルナリアンが持っていた書類を解読したところ、どうやら今はもう存在し...続きを読む
  • 火星の遺跡
    キーラン・セインってキャラ好きだわ~♡
    専門バカだったりする学者を助けてくれる”ナイト”が活躍するシリーズとして読みたかったよ。(/_;)
    ホーガンの未訳の作品がまだあったはずですけど~
  • 星を継ぐもの
    最初の方は読みづらかったので、断念しようかと何度か思ったけど、読み切ってよかった!星を継ぐものというタイトルが最高にハマってました。ロマンを感じる。
  • 星を継ぐもの
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    いや、名作と言われるだけはある。面白かった。
    新たな発見から新たな疑問が生まれ、少しずつ前進しているようなそうでないような感覚は次を読み進める原動力となった。最終的な結果は思わず「そうだったのか」と納得してしまう内容だった。

特集