「プラトン」おすすめ作品一覧

「プラトン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/06/22更新

ユーザーレビュー

  • 国家 上
    ソクラテス先生理想の国家について議論をするの巻。

    プラトン哲学の集大成の呼び声も高い本書。
    正義とは何か?という導入部から始まっており、
    理想の国についての議論に移っていくという流れだが、
    扱うテーマは職務や結婚、戦争など多岐に渡っており、
    男性も女性も分け隔てなく向いている職務に着き、
    幸福を皆...続きを読む
  • ソクラテスの弁明
    哲学入門者ですが、非常に読みやすかったです。
    解説があるため、より理解が深められました。
    また、プラトンの作品一覧もあるため、今後何を読めば良いが分かりやすかったです。

    無知の知という言葉が間違いだと初めて知りました。
  • リュシス 恋がたき
    友愛について探る“リュシス”と、哲学と知について探る“恋がたき”の2つの対話篇が収録されています。
    ソクラテスと若者が対話を通して真理を求める内容です。
    短編ですが、きちんと理解して読み進める必要があります。
    読み応えもあり、楽しみながらプラトンに触れられる一冊。
  • ソクラテスの弁明
    光文社から出ているプラトンの著書4冊を『メノン』『プロタゴラス』『饗宴』『弁明』の順に読みました。どの訳も岩波のものと比べて文体がくだけていて読みやすかった。専門の方からすると不適切な部分があったりするのかも,と思うのですが,世界史専門の教員が倫理の授業対策として読む分にはむしろこちらのほうがよかっ...続きを読む
  • ソクラテスの弁明 クリトン
    信念を貫き、死んでいったソクラテスの生き様を、プラトンが描く。

    法廷でのソクラテスの堂々たる威厳に満ちた態度に、
    そして最後まで信義を貫いたソクラテスに脱帽。

特集