「プラトン」おすすめ作品一覧

「プラトン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/03/09更新

ユーザーレビュー

  • リュシス 恋がたき
    友愛について探る“リュシス”と、哲学と知について探る“恋がたき”の2つの対話篇が収録されています。
    ソクラテスと若者が対話を通して真理を求める内容です。
    短編ですが、きちんと理解して読み進める必要があります。
    読み応えもあり、楽しみながらプラトンに触れられる一冊。
  • ソクラテスの弁明
    光文社から出ているプラトンの著書4冊を『メノン』『プロタゴラス』『饗宴』『弁明』の順に読みました。どの訳も岩波のものと比べて文体がくだけていて読みやすかった。専門の方からすると不適切な部分があったりするのかも,と思うのですが,世界史専門の教員が倫理の授業対策として読む分にはむしろこちらのほうがよかっ...続きを読む
  • ソクラテスの弁明 クリトン
    信念を貫き、死んでいったソクラテスの生き様を、プラトンが描く。

    法廷でのソクラテスの堂々たる威厳に満ちた態度に、
    そして最後まで信義を貫いたソクラテスに脱帽。
  • 国家 上
    【政治学の参考文献】
    古代ギリシャの哲学者・プラトン(前427~前347)の代表作。
    理想国家について論及した世界最古の政治学の書と呼ばれるもので、後の西洋哲学に絶大な影響を与えたらしい。
    真の政治は哲学(学問)に裏付けられていなければならず、政治的権力と哲学的精神とが一体化され、多くの人々の...続きを読む
  • ソクラテスの弁明 クリトン
    ソクラテスは、良心や信仰心をもとに自問自答し答えを導き出し実際に行動に移す、ギリシャ哲学の巨人である。哲学者である彼の信念は、無実の罪によって「死刑」の判決を受けても変わらない。この著作を読み、“生きるとはただ生きるのではなく善く生きることである”といった、彼の考え方をより鮮明な形で心で感じ取ること...続きを読む

特集