ゴルギアス

ゴルギアス

作者名 :
通常価格 1,111円 (1,010円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ソクラテスと三人の人物との対話は、弁論術が立身栄達の術とされている現実や若い人の実利主義的道徳意識などを次々と明るみに出す。プラトンは本編によって、個人の道徳と同時に政治の問題を追求し、アテナイの現実の政治に痛烈な批判を投げかけた。後に『国家』において発展させられた哲人政治の思想の第一歩である。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2018年11月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

Posted by ブクログ 2019年03月08日

プラトン初期の作品『ゴルギアス』

初期の中でも後期にあたるこの作品の特徴は、
それ以前の作品では、もっぱら「無知の知」で対話が終了していくのとは打って変わって、問いに対する結論が出てくるようになってくることだ。

結局のところ何も私達はわからないというところで終始していたソクラテス的スタンスに、
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

「学術・語学」ランキング