「中澤務」おすすめ作品一覧

「中澤務」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 饗宴
    【目次】
    凡例
    地図 「紀元前5世紀頃のギリシャ」
    訳者まえがき

    『饗宴――エロスの話』
     主要登場人物
    プロローグ
    第一章 うたげのはじまり
    第二章 パイドロスの話
    第三章 パウサニアスの話
    第四章 エリュクシマコスの話
    第五章 アリストファネスの話
    第六章 アガトンの話
    ...続きを読む
  • 饗宴
    岩波文庫のプラトン本の取っ付きにくさといったらない。たしかに一流の学者が訳しているけれど。その点、本書は、平易な訳で、いくらか解釈が歪曲されているのだとしても、こっちのほうが断然楽しめる。谷川徹三が息子俊太郎に言ったのだったか、ギリシャの街角には哲学用語が溢れている。翻訳もまた、街角で目にされる言葉...続きを読む
  • プロタゴラス~あるソフィストとの対話~
    「人間の徳(アレテー)は、教えられるものなの か?」「ソフィストとは、そもそも何者か?」。若 くて血気盛んなソクラテスは、アテネを訪問中の プロタゴラスのもとにおもむき、徳をめぐる対話 を始める。しかし、議論は二転三転。次第に哲学 的色彩を強めながら、やがて意外な結末を迎える ことになる。プラトン対...続きを読む
  • 饗宴
    ギリシャ古典を読むのはこれが初めて。
    哲学書というより、小説のような面白さ。
    解説が非常に丁寧なので、少年愛は今でいう同性愛とは違うことなども知れて、本編の理解が深まった。
    ディオティマの口調が良かったなぁ……。
  • 人生の短さについて 他2篇
    哲学者セネカの入門書。
    人間は理性的に行動するべきであり、その方法を述べている。理想を追求するだけでなく、いかに欠点を和らげるかかかれている点など、実践的な内容である。
    2000年前に書かれたにも関わらず、現代人にも多くの示唆があると思う。