あのこは貴族

あのこは貴族

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京生まれの華子は、箱入り娘として何不自由なく育てられたが20代後半で恋人に振られ、焦ってお見合いを重ねた末にハンサムな弁護士「青木幸一郎」と出会う。一方、東京で働く美紀は地方生まれの上京組。猛勉強の末に慶應大学に入るも金欠で中退し、一時は夜の世界も経験した。腐れ縁の「幸一郎」とのダラダラした関係に悩み中。結婚をめぐる女たちの葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2020年07月03日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • 映画化

    「あのこは貴族」

    2021年2月26日公開
    出演:門脇麦、水原希子、高良健吾

関連タグ:

あのこは貴族 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    いわゆる結婚適齢期の女性の
    どうしようもない焦燥感や必死さが
    ありありと書かれていて、
    まさに20代後半の自分には
    主人公の気持ちが痛いくらい理解できた。

    また、生まれながらに植え付けられる人間の階級に
    生涯ずっと縛り付けられ、
    お金持ちとそうではない人の差は
    どうしても越えられないという事実が
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月12日

    女性による女性のための小説。
    登場人物と同世代の20代半ば〜後半の女性にぜひ読んでほしい。
    従来の小説とは異なる女の友情の描き方で読んでいてすごく救われた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月08日

    中学時代からなに一つ変わらない人間関係の、物憂い感じ。そこに安住する人たちの狭すぎる行動範囲と行動様式と親をトレースしたみないな再生産ぶり。おどろくほど保守的な思考。飛びかう噂話。何十年も時間が止まっている暮らし。同じ土地に人が住みつくことで生まれる、どうしようもない閉塞感と、まったりした居心地のよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    地方育ちと都会育ちの対比がおもしろく、どちらであっても結局、生まれ育ったテリトリーの中に留まることは楽であり安心感がある。だからこそ各人にとっての世間は案外狭いものになりがちなのかなと思う。
    両極端にいる二人の女性が、自分のいる環境にコンプレックスを抱きつつもそれを受け入れて自分の意志を持って成長し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    .
    2021年1冊目
    山内マリコ あのこは貴族
    .
    映画を観に行きたくて公開前に原作を読んでみようと思った。
    原作見てから映画を観にいくってしたことないから面白く感じるのかあらすじがわかっててつまらなく感じるのかちょっと楽しみ。
    門脇麦、水原希子、高良健吾のキャスティングは小説を読み終わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月11日

    久しぶりに、本当に好きな小説に出会えた!
    最近は小説もヒットするものはなくてダラダラ電車の暇つぶしし程度に読んでいたが、
    久しぶりに夢中になって一晩で読み終えた

    女の心情がリアルに正直に書かれていて
    あぁみんなこう言うこと思うんだ
    こっち側はこんなふうに思ってるのかぁ。

    20代前半もやもやしてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    東京と地方、階層も異なる女性二人のシスターフッド物語。生まれ育ちや肩書きと全く無関係に生きることは難しいけど、コミュニティの狭い価値観を超えて同じ人生の目的で繋がる関係は「自由」をもたらしてくれる。映画も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    一人の男の人を巡って、二人の女性の人生が重なっていく。華子のような人が東京にはいるんだって、初めて知ったし、美紀の這いあがろうとする姿には頑張れ頑張れって思った。隣の芝生は青い、どこまでいってもそうなんだなと思った。でも読後は自分の世界で精一杯頑張ろうと元気が出る良作だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    こんな世界があったとは…と愕然としつつ、でも結局どの世界に生まれても人は永遠に「隣の芝生は青い」なんだなーと思った。
    女性同士が仲良くできないように仕組まれてる、って言われてみればそうかも…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月28日

    爽快!!

    箱入り娘のお嬢様 華子と、庶民から這い上がってきた女子、美紀。それぞれに立場と悩みがあって、隣の芝生はなんとやら。
    年頃な彼女達は恋愛や結婚に焦りを覚え始め、人生の迷い時。

    女性同士の泥沼に持っていきがちなストーリーですが、この作品は真逆でした。
    華子も美紀も、親しみが持てる女性として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています