山内マリコの一覧

「山内マリコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山内マリコ(ヤマウチマリコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年11月20日
  • 出身地:日本 / 富山県
  • 職業:小説家

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。2008年『十六歳はセックスの齢』で第7回R-18文学賞・読者賞を受賞。2012年『ここは退屈迎えに来て』でデビュー。

作品一覧

2020/07/03更新

ユーザーレビュー

  • あのこは貴族
    中学時代からなに一つ変わらない人間関係の、物憂い感じ。そこに安住する人たちの狭すぎる行動範囲と行動様式と親をトレースしたみないな再生産ぶり。おどろくほど保守的な思考。飛びかう噂話。何十年も時間が止まっている暮らし。同じ土地に人が住みつくことで生まれる、どうしようもない閉塞感と、まったりした居心地のよ...続きを読む
  • あのこは貴族
    地方育ちと都会育ちの対比がおもしろく、どちらであっても結局、生まれ育ったテリトリーの中に留まることは楽であり安心感がある。だからこそ各人にとっての世間は案外狭いものになりがちなのかなと思う。
    両極端にいる二人の女性が、自分のいる環境にコンプレックスを抱きつつもそれを受け入れて自分の意志を持って成長し...続きを読む
  • あのこは貴族
    .
    2021年1冊目
    山内マリコ あのこは貴族
    .
    映画を観に行きたくて公開前に原作を読んでみようと思った。
    原作見てから映画を観にいくってしたことないから面白く感じるのかあらすじがわかっててつまらなく感じるのかちょっと楽しみ。
    門脇麦、水原希子、高良健吾のキャスティングは小説を読み終わ...続きを読む
  • あのこは貴族
    久しぶりに、本当に好きな小説に出会えた!
    最近は小説もヒットするものはなくてダラダラ電車の暇つぶしし程度に読んでいたが、
    久しぶりに夢中になって一晩で読み終えた

    女の心情がリアルに正直に書かれていて
    あぁみんなこう言うこと思うんだ
    こっち側はこんなふうに思ってるのかぁ。

    20代前半もやもやしてい...続きを読む
  • あのこは貴族
    とてもとても面白い作品でした!

    上京した時の気持ちを思い出しました。それは美紀が抱いた感情とほとんど同じで、美紀の気持ちが手にとるように分かりました。

    東京にきて、街も人もお金も、あらゆるものが、ものすごいスピードで動いていることに感動したことを今でも覚えています。

    上京してから十数年、東京が...続きを読む