「山内マリコ」おすすめ作品一覧

「山内マリコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山内マリコ(ヤマウチマリコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年11月20日
  • 出身地:日本 / 富山県
  • 職業:小説家

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。2008年『十六歳はセックスの齢』で第7回R-18文学賞・読者賞を受賞。2012年『ここは退屈迎えに来て』でデビュー。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/03/13更新

ユーザーレビュー

  • 東京23話
    東京23区(と、武蔵野市)がそれぞれ一人称で町の歴史を語る。もともと2013年から2年にわたりどこかの雑誌で連載されていたものだそうで、当時の流行やニュースも存分に盛り込まれている。2015年の単行本化から2017年の文庫化までの2年間でも、東京事情は目まぐるしく変化しており、作者によるあとがきでの...続きを読む
  • 買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて
    オシャンティな買い物エッセイ。
    30代のオタクじゃない女ってこういう感じなんだーと興味深く読みました。
    安い高いの基準が自分よりはるかに高い。1万円以上を普通にお安いとか言われてギョッとしたw

    とりあえず、このエッセイを読んで毛玉クリーナーを買わせていただいた。
    あと洋服のブラシ。(あんな高いのじ...続きを読む
  • ここは退屈迎えに来て
    映画化された本作。作者の作品を読むのは初めて。
    時として女性の視線による表現に感心する。
    この短編集のあちこちに登場してくる椎名くんが、上手く、そして話をつないでいる。
    映画も観て観たくなった。
  • ここは退屈迎えに来て
    最初読み始めた時、エッセイ集なのかと勘違いした。それくらい描かれている「地方都市」がやたら身近に感じられて笑った。
  • 選んだ孤独はよい孤独
    よく主張をお話にしてぶつけたような小説があるけど、この本はそういうのとは少し違う。こういう感じで来るかと思うと外される、前の話はこうだったからこの展開だとこうなるか?と思うと逆に出る。でも全編通してにじみ出るものがあってそこにグッと掴まれる。

特集