「山内マリコ」おすすめ作品一覧

「山内マリコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山内マリコ(ヤマウチマリコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年11月20日
  • 出身地:日本 / 富山県
  • 職業:小説家

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。2008年『十六歳はセックスの齢』で第7回R-18文学賞・読者賞を受賞。2012年『ここは退屈迎えに来て』でデビュー。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/01/19更新

ユーザーレビュー

  • ここは退屈迎えに来て
    さらっと読めるけれどずっしりと重い。
    都会コンプレックスを抱えた色んな年齢の女性たち、
    そしていつも誰かの心の中にいる"椎名"。
    ここじゃない場所に連れて行ってくれるのは、
    きっと椎名でも、キラキラした夢でもないことを
    わかっている、どこかあきらめたような
    強い女性たちに惹かれました。
    読み終わった...続きを読む
  • ここは退屈迎えに来て
    地方の独身女性を描いた短編小説。タイトル ここは退屈迎えにきて は彼女たちの心の叫びだろう。地方あるある満載で、 うわー そうそう! と地方在住者として共感しまくり、夢中で一気に読めました。ラーメン屋でのアンサーポエムが最高!
  • あのこは貴族
    1章の華子が結婚を焦る気持ち、仲間内で負けられないと思う心内。現実を見て情けなく感じる切なさ、可能性に賭け、それが現実になると錯覚する少女じみた思考回路から抜け出せない所。ほんの少しすれ違った素敵な異性といちいち恋を予感してポーっとなり、殆ど失恋に近い失望感を抱く所。その連続の果てに知り合った理想的...続きを読む
  • さみしくなったら名前を呼んで

    山内マリコさんの二冊目に選んだ本。
    何者でもない女の子たちのなんでもないような日常の話なのに、なんでこんなに懐かしくてちょっと泣きそうになって、なんでこんなに余韻が残るんだろうか。
    数年経ってまたこの本を読んで、わたしは職が決まらず焦りまくってとりあえず行くことにした免許合宿の日々を思い出すと思う...続きを読む
  • ここは退屈迎えに来て

    免許合宿で田舎のほうにひとりで行ったときに
    まさに''ここは退屈迎えに来て''な気分で読んだ思い出の一冊。
    どのエピソードにもでてくる田舎のイケてる男、椎名くんが自動車学校の教官だったりで田舎の車ライフの描写がたくさん出てくるので、免許合宿にひとりで行くかたに全力でおすすめしたい。
    どこにいても退...続きを読む

特集