かわいい結婚

かわいい結婚

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「かわいい結婚」…「結婚ってなんなんだ?」という疑問から生まれた作品。結婚して仕事をやめ、専業主婦になった29歳のひかり。しかし、家事能力はゼロ。当然、部屋は散らかり放題。もちろん食事も作れない。夫とは仲良しだけど、こんなに家事が延々と続くなんて……。 騙された!わたし騙された!騙されてた! 結婚生活のリアルをコミカル&ブラックに描く。ほか「悪夢じゃなかった?」「お嬢さんたち気をつけて」二篇収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

かわいい結婚 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月23日


    家事ができなくて奮闘する「かわいい結婚」にしろ、
    朝起きたら当然女になっていた「悪夢じゃなかった?」にしろ、一見コミカルで笑えるけど女性として生きる私たちの人生に確実に潜んでいる絶望をひしひしと感じました…。笑
    悪夢じゃなかった?なんかは女性であることの不憫さを気持ちがいいくらい投げつけてくるので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月18日

    好きな作家さんの一人、山内マリコさんの短編集。今回の作品もとても面白かった。
    山内さんは少しクセのある感じが好き。
    1話の、家事が苦手なひかりさんが自分の様で笑ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月03日

    サクッと読めてクスリと笑える。
    それだけでなく、言葉に出来ないモヤモヤを言語化してくれる所が読後のスッキリ感につながる。「特に悪夢じゃなかった?」が良かった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月21日

    表題作よりも他の2作のほうが好き。

    どの作品も、どうしたって分かり合えない男女のこととか、結婚に対する絶望とか、現代のリアルが詰め込まれていて苦しかった。
    こういうヒリヒリした微妙なところをつくのが上手だよなあ、と山内マリコの作品を読む度に思う。だから好きだ。

    ラストに収録されてる「お嬢さんたち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    山内マリコ先生の描く女の子は、もっと強くてしなやかであって欲しかった…!
    好みの問題だけど、あまり感情移入はできなかったなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    読み途中メモ
    文体があっさりしててとても読みやすいし、主人公のキャラクターがとても現代的でねちねちせずあっけらかんで好感が持てる。途中のネットの知恵袋的な演出も好き。 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月18日

    一つ一つの話が面白かった。特に一つ目が印象的。
    結婚とはこういうことか、家事とは、女が家庭に入るとは、、これが現代か。田舎と都会の厳しさや女の面倒なところとか。
    山内マリコさんの文章は自然で皮肉も混じっているけど、面白くどんどん読みたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月05日

    世代のギャップを感じた結婚感で娘が感じるであろう内容だった。
    それでも適齢期で感じる結婚に対する気持ちや専業準備になってから感じる気持ち、は普遍的なものもあるんだなぁと思った。
    今や必ず結婚しなくてはならないということもなく、独身でいるという選択もある。だからこそ運命的な自分に合った人と出会えた時の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月25日

    いまどき女子の本音を、おしゃれにかつ鋭く描く3つの短編集。
    面白かったのは表題作より「悪夢じゃなかった?」のほう。普段の女性の苦労と思ってることがリアルに伝わる分、男として反省すべき点が多数ある。昨今のおネエタレントが人気の理由もここにあるのでは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    装丁とタイトルに惹かれて購入。
    はじめて山内さんの作品を読みましたが、現代的で独特だなと思いました。この作品の現代女性が抱える憂鬱、気怠さは身近な友達の話のようで、あっというまに読み終えました。面白かったです。
    平日仕事終わりの夜にお風呂で読みたい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています