「有川浩」おすすめ作品一覧

「有川浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:有川浩(アリカワヒロ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1972年06月09日
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:小説家

デビュー作『塩の街 wish on my precious』は第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞している。代表作の『図書館戦争』は、2008年にアニメ化され、2012年には映画化されている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/05更新

ユーザーレビュー

  • 塩の街
    好きな人を失う代わりに世界が救われるのと、世界が滅びる代わりに好きな人と最期を迎えられるのと、自分ならどちらを選ぶかなぁとただせれだけで走りだしたお話でした。そこからここまでの物語が作れるとは!凄いなぁ~♪
  • 植物図鑑
    生まれて初めて、小説の登場人物に恋をした。

    暑い夏の日にラムネを飲んだときのような、爽やかで喉ごしがいい物語。
  • レインツリーの国

    甘え下手

    甘え下手な女の子。その理由はいろいろあるけれど、プライドが邪魔をして、「こんな事頼めない」から始まり、「言わないとわからないの?」と相手を責める気持ちが湧き上がり、「もういい」と心を閉ざす。。
    まるで私のことを言われてるみたいでビックリした。
    この物語は聴覚障害が源流にあるけれど、純粋に、男女の気持...続きを読む
  • 明日の子供たち
    児童養護施設に転職した元営業マンの三田村慎平は、やる気は人一倍ある新任職員。

    愛想はないが涙もろい三年目の先輩職員の和泉和恵や、理論派の熱血ベテラン猪俣吉行。

    施設の“問題のない子供"と呼ばれる高校生の谷村奏子、
    大人より大人びている17歳の平田久志。

    職員に児童にサポート人員&施設等、児童擁...続きを読む
  • 阪急電車
    馴染みのある阪急電車を舞台にのんびりとした雰囲気ながらも、いろんな人の様々な生活や価値観が入り混ざって面白かった。
    これから今津線にのるときは一緒に乗っている人を観察していまいそうな気がした。

特集