「有川浩」おすすめ作品一覧

「有川浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:有川浩(アリカワヒロ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1972年06月09日
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:小説家

デビュー作『塩の街 wish on my precious』は第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞している。代表作の『図書館戦争』は、2008年にアニメ化され、2012年には映画化されている。

作品一覧

2018/10/05更新

ユーザーレビュー

  • 塩の街
    読むのに1週間以上かかったけど、読んでる間中ずーっとドキドキを感じ続けることができた。本当に名作だと思う!

    設定としては、世界中で突然人間が塩化してしまうという突拍子もないSFストーリーなんだけど、そんなどうしようもない世界で育まれる恋愛に焦点を当てられている。
    恋愛を表現する言葉の一つひとつを取...続きを読む
  • 塩の街
    有川さんの作品は好きなものがたくさんあるけれど、その中でも上位を争うものの一つです。
    非日常の、ありえない世界の中で、ありえないくらい純愛が詰まっている。苦しくて涙が出るシーンもいくつかありましたがら読み終えるとこんな世界にもしなったら…そんな純愛に出会えるといいなと思いました。
  • 旅猫リポート
    いろんな人にオススメしたくなる素敵な本。

    6ヶ国語に翻訳されているらしく、海外の読者の感想にheart warming and heart breaking story とあったのを見て、まさにその通りだなと。

    猫は、リアルの生活では苦手なんだけど、有川さんの本なので読んでみた。いつもながら、素...続きを読む
  • 旅猫リポート
    どういう話か全く知らずに読み始め、旅に出るサトルは、何でナナを手放さなきゃならないんだろうって思ってるうちに、もしかして…
    その予感は的中し、涙なくしては読めませんでした。
  • 旅猫リポート
    訳あって、5年間一緒に暮らした野良猫の「ナナ」を手放すことになった飼い主の悟は、ナナを引き取ってくれる新しい飼い主を探しに、学生時代の友人を訪ねて、最初で最後の旅に出ます。
    銀色のワゴン車、助手席にはナナを乗せて。



    友情とか愛情とかそういうのを越した、深い絆同士が繋がった作品
    。旅先で見る初...続きを読む

特集