有川浩の一覧

「有川浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:有川浩(アリカワヒロ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1972年06月09日
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:小説家

デビュー作『塩の街 wish on my precious』は第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞している。代表作の『図書館戦争』は、2008年にアニメ化され、2012年には映画化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/01/04更新

ユーザーレビュー

  • フリーター、家を買う。
    勢いで読み切ってしまった!
    序盤は、本当に誠治に対してイライラしたけど
    お姉ちゃんの刺すような目と言葉ですっきり。
    でも、言いたいこと言うだけじゃ人の、ましてや中年越えた親の考えは変えられないんだな。
    大事な家族のことなのに。
    誠治は、最初は仕方なくだったかもしれないけど本当に上手くお父さんの考えを...続きを読む
  • 塩の街
    有川浩らしさが詰まった作品。書きたいものを書いたっていうのがすごく伝わる作品。


    私がこの作品を大好きなのは、愛の定義がすごく納得いくから。(何様笑)
    愛情は、相手のためなんて自己犠牲みたいな綺麗な感情だけじゃない。

    "自分のために"その人のことを守りたい。"自分が"その人の居なくなる世界のこと...続きを読む
  • クジラの彼
    甘いよ!甘すぎる!!
    でもやっぱりキュンキュンだけで終わらせてこないのが有川浩の好きなところ。

    「遠距離で待たせて申し訳ないから自由になっていいよ」
    って自己犠牲じゃなくて、
    「遠距離になるけど待っててほしい」
    ってわがままを言われるような愛され方をしたいと気付いてしまった。
  • 図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 8巻

    手塚と柴崎のラブストーリー

    やっと やっと二人がくっつく過程のストーリーきたーー。まだ ハッピーエンドではないけど。  今どきのストーカーを追い詰める頭脳戦 面白い。早く続き読みたい。 
  • 別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6)
    めちゃくちゃよかった
    柴崎の事件すごくハラハラして誰が犯人かわからなかった
    彼らの生活がこれからも続いていくんだろうなって読み終わった後も思えた
    すごいいい作品だった