三匹のおっさん

三匹のおっさん

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!と、かつての悪ガキ三人組が自警団を結成。定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ、同じく武闘派の柔道家で、居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ、機械をいじらせたら無敵の頭脳派、愛娘にはめっぽう弱い機械工場経営者ノリ。詐欺に痴漢に動物虐待…ご近所に潜む悪を「三匹のおっさん」が斬る! その活躍はやがて孫や娘にも影響を与え…。話題の作家・有川浩の新境地、痛快活劇シリーズ始動!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
439ページ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2012年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

三匹のおっさん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    小説の題名に惹かれて読み始めた!
    題名からもユーモアさが感じられ、ストーリーも楽しみながら追うことが出来たので満足!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月03日

    面白くてあたたかい。こんなおっさんたちが今日もひそかに町を守ってくれてるんじゃないかと思えてくる。三匹のおっさんの活躍に必要不可欠な孫たちの甘酸っぱさが詰まった青春も見逃せない。今は孤独、孤立の波が広がっていて、近所づきあいもあまりない。「知らない人とは話さない」人と人との関わりを断つことで安全を確...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

    漫画のようにサクサク読めて、面白かった。日常ミステリーと家族の繋がりとその変化にほっこりしました。

    #読書好きな人と繋がりたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    三匹のおっさんの勇敢さとその他淡い恋愛シーンなどがおり混ざっていて面白かった。
    解決方法などなんパターンかあったが、今後色んなところで為になると思う。
    先が気になって次々と読むのが進んだ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    スルスルと読めて面白い!
    現代版の水戸黄門。続きが気になって、一度読み始めたら最後、取り憑かれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    孫と祖父という3世代にわたる世界観がとても新鮮で面白かったです!また、孫(娘)の恋愛をおじいちゃん(父)が見守るのもとても微笑ましいお話でした!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月15日

    還暦を迎えた幼馴染の「おっさん」三人の御近所世直し!痛快、かつホロリとさせ、トキメキもしっかり詰まってる。読後の気分もサイコーな、流石の有川クオリティー‼️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    有川浩さんって本当天才!
    どんな人でも描けるやん。

    青春って若いうちだけじゃないんやなぁ。
    こんな風に歳を重ねていきたいな。
    夢と希望をありがとう!三匹のおっさん!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月18日

    還暦を迎えたおっさん達が自警団を結成し、暇つぶしに始めた町内巡回。トラブル発生のたびに居酒屋「酔いどれ鯨」で会議と称して宴を始める3人の姿は、最盛期の青年達のそれとなんら変わらない。違うことといえば、年季が入っている分、言葉に深みがあること、達観した考え方であること、行動が粋であること。
    “三匹のお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    When I saw the title of the book, I thought it wasn't interesting to talk about the old man, but the contents were the best.

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています