ストーリー・セラー
  • 値引き

ストーリー・セラー

作者名 :
値引き価格 338円 (308円+税) 3月4日まで
通常価格 564円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妻の病名は、致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。医師に宣告された夫は妻に言った。「どんなひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう」。妻は小説を書かない人生を選べるのか。極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2015年12月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ストーリー・セラー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    短編が2つ収録されています。side Aは妻を亡くす夫の話でsideBは夫を亡くす妻の話。家族とは何か考えさせられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    sideAもBもぐっどぉ!


    「この話、どこまで本当なんですか?」
    「どこまでだと思います?」


    極限状態の夫婦の話

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    ずっと読みたかったストーリー・セラーを
    なぜかこのタイミングで読んだ。
    有川さんとても良き。

    sideAもBも好き。
    もう少しオチまで深みがあると尚良かったけど
    この優しさのあっさり加減も有川さんらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    鏡の中の鏡を見ているような、自分がどの次元を見ているのかわからなくなる不安定さ。それと文章の圧が凄い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    有川浩さん、そんなに好きだなと思ってこなかったんだけど、これは泣いてしまった。
    考えれば考えるほど死に近づいて、でも考えるのがわたしの生き方。こういう映画あったよな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    “あのね、人間が無条件に優しくなれるのは、相手がホントに死人の箱に片足突っ込んでからなの。なんでも我慢できるようになるのは、相手がホントにこれから死ぬってことが目の前にぶら下がってからなの。人間は生きてたら絶対些細なことで喧嘩すんの。些細なことで喧嘩してるうちは、死がまだ現実じゃないってことだよ”

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何故か、「やられたぁ」感が

    martha 2018年01月08日

    ヤッパリ有川浩さんのお話は面白い。
    死と直面しているのに、フッと吹き出したくなるセリフが飛び出したりして、読後も軽やかさだけが残り、まだ続きがありそうな気さえしました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    再読したくなる

    ぽん 2016年05月15日

    感動もつかの間、どこからどかこまでが…?と、読み終えた後のモヤモヤがすごい!再読したくなる1冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    物語の締め方に脱帽

    スマイル 2015年12月23日

    サイドAで涙が溢れてくる物語に心を掴まれ、サイドBにてさらにその意味に深みが含まれ、そしてあの終わり方。完全に物語に魅了されました。まさに、本書に書かれているように有川さんは『書く』才能をもった作者というしかありません。この作品を『読む』読者として関われて良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    最初のふたりのやりとりが恥ずかしく感じたが、次第に物語に引き込まれ一気に読んでしまった。
    普段は終わりの解説は読まないのだが、この本に限っては読みたかった。
    結末は抜きにして、こんな風に互いを思いやれる夫婦になりたいなと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ストーリー・セラー に関連する特集・キャンペーン