塩の街

塩の街

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
紙の本 [参考] 733円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と町を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが──「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作! 番外編も完全収録!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
自衛隊三部作シリーズ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2010年01月
サイズ(目安)
2MB

塩の街 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    奇想天外なSF ラブストーリー

    まつげ 2014年08月03日

    人類滅亡の危機、それを救うのは元自衛官、そしてその恋人に待ち受ける過酷な宿命!
    と、まるでハリウッド映画のような展開。
    しかし、ハリウッドの作家でも思いつかないような奇想天外な設定に、アクの強いキャラクター。
    それを甘くて苦い、そして切ないラブストーリーでまとめ上げる、凄いとしか言い様のない作品です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年09月06日

    自衛隊3部作
    塩害により塩に埋め尽くされ、社会が崩壊しかけた東京。秋庭は暴漢に襲われそうになった所を助けた少女(真奈)と穏やかに暮らし始めた。大規模テロ作戦に参加する羽目になり、見ないふりをしていた二人の関係にも・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年09月06日

    有川浩のデビュー作。図書館戦争好きな人はこの本も好きだと思う。秋庭の出撃シーンとかもっとあってもよさそうなんだけど、どうやら初版の文庫本にはあって、ハードカバー化された時にカットされたらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月01日

    衝撃。ドキドキと、ビビッとくる感覚。
    ここまで引き込まれた作品は久々だった。
    著者本人の書いたあとがきの内容もとても深く心に刺さった。「上手に書こう」ではなく、「書きたいように書こう」とこの物語が生まれたこと。好きな人を失う代わりに世界が救われるのと、世界が滅びる代わりに好きな人と最期を迎えられるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月04日

    あの日、 突然降ってきた結晶 それは私たちの愛する人、 愛してくれた人を奪った...

    「世界とか、救ってみたくない?」

    塩害”それは世界各地に1夜にして

    降ってきた結晶が引き起こした。 "塩害にかかると指の先から臓器まで、全てが塩になってしまう。

    "塩害により愛する家族を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月19日

    この3部作では、これが一番面白かった。

    相変わらずSFちっくだけど、「潮の街」に至る塩の柱も、聖書から発想したんだと納得出来たから読みやすかったのかな。

    緊急事態になると人は動物化していく。人が人らしく生きるには平和が不可欠なんだと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月28日

    入江は本当にサイコ味を感じる人物だったけど、秋山を信じていたからこそ真奈と一緒にあの塩部屋(?)で待っていたんじゃないかなぁ…と。

    最初に綺麗な海を探していた遼一がすごく忘れられないし1番泣いた。
    塩害がなかったら結ばれなかったかもしれない運命でもあり、塩害があっても短い時間しか目を合わせられない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月18日

    2020.10.18

    変わらない明日が来るなんて、もう世界は約束してくれないのを知っていたのに。世界に明日を翻された人をもう何人も見ていたのに。どうしてこんなにぐずぐずしてたんだろう

    この一節が印象的

    有川浩さんのデビュー作

    非日常だからこそ出会った
    航空自衛官と女子高生の純愛

    2022....続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    これが一番いい

    k-asano 2019年11月23日

    「処女作には、その作家のすべてが含まれている」と言われているが、良くも悪くもこの作者の特徴が詰まった傑作。
    今読み返してみても自衛隊3部作の中ではこれが一番いい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    タイトルの割りに糖度高め

    のの 2014年05月08日

    タイトルとはかけ離れたイメージの作品かな?
    私が勝手に『塩』から、淡々と語られる出来事を想像していたけど…裏切られた!って思った。
    ただこの裏切りはかなりプラスに向いたベクトルでどんどんのめり込みながら読み進めました。

    展開はかなりアップテンポで一気読みだったけど、途中呆気ない幕切れを迎えちゃうよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

塩の街 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング