塩の街

塩の街

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
紙の本 [参考] 733円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と町を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが──「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作! 番外編も完全収録!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
自衛隊三部作シリーズ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2010年01月
サイズ(目安)
2MB

塩の街 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    奇想天外なSF ラブストーリー

    まつげ 2014年08月03日

    人類滅亡の危機、それを救うのは元自衛官、そしてその恋人に待ち受ける過酷な宿命!
    と、まるでハリウッド映画のような展開。
    しかし、ハリウッドの作家でも思いつかないような奇想天外な設定に、アクの強いキャラクター。
    それを甘くて苦い、そして切ないラブストーリーでまとめ上げる、凄いとしか言い様のない作品です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年09月06日

    自衛隊3部作
    塩害により塩に埋め尽くされ、社会が崩壊しかけた東京。秋庭は暴漢に襲われそうになった所を助けた少女(真奈)と穏やかに暮らし始めた。大規模テロ作戦に参加する羽目になり、見ないふりをしていた二人の関係にも・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年09月06日

    有川浩のデビュー作。図書館戦争好きな人はこの本も好きだと思う。秋庭の出撃シーンとかもっとあってもよさそうなんだけど、どうやら初版の文庫本にはあって、ハードカバー化された時にカットされたらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月24日

    "愛は世界を救う"
    というこの言葉の真の意味をわからせてくれた
    一冊。ニヤニヤしちゃったり涙してしまったり、
    感情が思わず溢れてしまいました!

    この本は今までの人生で出会った中でこれからも
    記憶に残るであろう本だと思いました。
    皆さんにも是非読んでいただきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    作者のデビュー作。人々が塩になってしまう「塩害」で両親を亡くした高校生の真奈を助けた自衛隊員の秋庭。「世界を救う」ためではなく、「一人の少女を救う」ために秋庭は立ち上がる。感動で涙ボロボロというより、常に涙ぐんで読んでいた感じ。約束通り本を出版したノブオの「その他の僕らはきっとおまけで救われたのだ」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    表現や展開が独特で好き。章のタイトルが話で出てくるところ、同じ文の使い回しが上手くされて伏線になっているところなど見つけると面白い。
    秋庭さんと真奈ちゃんのお互いを思う気持ちに惹かれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    三部作の第一部✴︎

    難しい話をあまり難しく書かない有川さんなので
    読みやすかった。


    世界を救ったわけではなくて、
    ただ恋をしていた物語の進み方がとても良い、、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    世界が救われる代わりに好きな人を失うか、
    好きな人と一緒に世界が滅びるのを待つか。

    ヒーローにはヒロインがつきもので、
    ヒーローがヒーローとなり得たのは、
    ただ個人的な恋心のついでに世界が救われたことが、
    結果としてそうなっただけという。

    でも、秋庭が世界を救う力を持ってなかったら
    ただ待つだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月08日

    角川文庫版。デビュー作と知って、なるほど確かに拙いかも、などと斜に構えて読み出した私に告ぐ。バカやろう!めっちゃ泣いた。どんな人間も心の奥底にある利己的な部分が危機的な状況の中で浮き彫りになる。善人であればある程それを認めたくないと思う自分に気づき苦しむ。でもそれは悪ではなく当たり前のことであり、苦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    三部作の中で1番好きで何回も読みました。
    主人公も好きだし、登場人物それぞれに物語があるのも良かったです。
    でも恋愛小説として楽しめる人は合うかもしれないですが、SFが読みたかった人にとっては物足りないかもしれないですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています