県庁おもてなし課

県庁おもてなし課

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 775円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2013年04月
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

県庁おもてなし課 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月10日

    主人公が揉まれ成長していく姿、その姿に周りの皆も影響され嬉しくなりました。
    有川さんらしいキュンもあり、大満足でした!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月01日

    前から気になりつつ積読してました。
    久しぶりの読書。とてもよかった。
    胸キュンしながら一気読みしました。

    考え方、見方、無意識にも自分中心になりがちですが、考えさせられます。読後は、前向きになりやる気があふれます。掛水さんのように仕事がしたい!
    公務員の教科書になりそう。おすすめの1冊です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月27日

    有川浩!やっぱりすき!途中、ちょっと長いかなと思ったけどダメダメの県庁おもてなし課が掛水と吉門ペアがどんどんいい方向に持っていくのが良かった。それだけでなく吉門と佐和ちゃんや掛水と多紀ちゃんのやりとりが好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月08日

    仕事で迷ったとき、いったん落ち着いて考えたいとき、自分の気持ちをごまかしているかもしれないとき、などに何度も読み返している。常に自分の原点に立ち返らせてくれる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月25日

    外出自粛の憂さ晴らしで読んだ。
    さわやかなお仕事小説って感じでサクサク読めた。登場人物がみんな人間味があって可愛らしい感じだった◎
    旅行行きてえなぁ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    高知県庁に実在する「おもてなし課」を題材にしたお話です。典型的なお役所仕事、しかも本人達はそれに気づいてさえいない(気づいていても何をしたらいいかわからない)中で、ひょんなことで接点を持った小説家や、そこから繋がる人達との交流を通じて、高知県の魅力と自分達の役割の大切さに気づき、前例のないことにチャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月12日

    やっぱり有川浩さんの小説は面白い!
    いつも、中盤から登場人物のファンになり、しまいにはまるで現実にいる気がしてしまうほど人間らしくて。どんどん先が読みたくなってしまいます。
    県庁と民間。面白いのにいつのまにか色々な世界の知見が広がっていることにもっと楽しくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    高知丸ごとレジャーランド化計画。

    県庁を追われたキヨトーさんと小説家でもあるキヨトーさんの元息子、吉門さんのアドバイスでお役所発想だったおもてなし課が成長するお話。

    視点を変える気づきって凄く大事なんだなぁって思いました。段々上がっていくお話って楽しくていーですね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月18日

    公務員の人は読むべき1冊。
    自治体のスピード感の無さ、制約の多さ、組織のやりづらさ…を乗り越えながら主人公が成長し、観光事業を発展させていく物語。
    公務員の自分としては読んでいて耳が痛い内容が多かったが、初心に返ってまたがんばろうと思わせたくれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月21日

    『視点を変えることで世界が変わる』
    『嫌なところばっかり探しちゃるな』
    有川さんの文章にはハッとさせられる。
    染まらずに柔軟に柔らかく、芯は強く。
    世の中を泳いでいきたい。

    高知に行きたくなった。
    旅行に行きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング