レインツリーの国

レインツリーの国

作者名 :
通常価格 520円 (473円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。やりとりを重ねるうち、僕は彼女に会いたいと思うようになっていた。しかし、彼女にはどうしても会えない理由があって――。2015年11月映画公開

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年09月25日
紙の本の発売
2015年09月
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

レインツリーの国 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    考えました

    あおなつ 2016年03月13日

    私の人生でこんなに他人の事を考えた事があるだろうか・・・。
    人の発する言葉を考えた事があるだろうか・・・。
    そんな事を考えさせられる内容の本でした。

    久し振りにそんな本に出逢えて、本当にありがとうございました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月21日

    正直チャット、メール形式の文が私は読みにくいので大変だったが、内容がとても考えさせられた。障害を持つ人はそれが全て、前提ではなくて、それぞれ人間である、という文章にするとおかしくなるが捉え方が変わるきっかけとなった。障害を持つと「私はこうだから」という方に意識が向いてしまうが、それも文字通り「障害」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月16日


    ずっと読もう読もうと思って、ようやく読めました。

    とっても好きです。

    本が好きで、想いを綴ることも、冗談を言って笑いあったり、弱い部分を見せたり、表面上で慰めあったりしないところ、

    とても理想的なラブストーリーで、

    読んでて笑みがこぼれちゃいました。

    とっても、素敵で、好きです。
    映画も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    甘え下手

    真夜中のレーズン 2017年10月04日

    甘え下手な女の子。その理由はいろいろあるけれど、プライドが邪魔をして、「こんな事頼めない」から始まり、「言わないとわからないの?」と相手を責める気持ちが湧き上がり、「もういい」と心を閉ざす。。
    まるで私のことを言われてるみたいでビックリした。
    この物語は聴覚障害が源流にあるけれど、純粋に、男女の気持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    筋は読めても面白かった。

    にゃんこ先生の弟子 2017年06月11日

    何作か読んで、有川さんの恋愛小説の筋は大体読めるようになったのですが、それでも落とすところに落としてきたな、という感じで面白く読ませていただきました。
    なんというか。素直に読める作品で、でも、健常者であることの立場についても考えさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月24日

    難聴者の物語かもしれないけれど、これは聞こえる聞こえないだけの話じゃない。
    見お互いの痛みに気づく。誠実な恋物語でした。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月08日

    初、有川浩さんでした。
    こんな出会い方憧れる、
    という一心で読み進めました。
    難聴者、健聴者、それぞれの立場からの苦悩、
    それを混じえながらの二人の恋のお話。
    その中でも、主人公の伸行がひとみに対して使う「君」というフレーズがとても好きでした。
    そして「君」に続くひとみに対する感情を表す文章も卓越し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月31日

    ハッピーエンド☺︎

    最後には2人ともお互いに思いやるようになって、今までは伸の方がひとみを考えることが多い描写だったけど、最後はひとみも伸のことをよく考えていてなんか付き合いたてのカップルいいなって思った❤︎
    ハンデがあっても諦めなければ、良い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月17日

    ネットで出会った男女が少しずつ心を通わせるお話。

    体にハンデを持ってて卑屈になる気持ちはわからなくないけど、それを広い心でこじ開けていく男性が素敵でした。
    2人には幸せになってほしいです。
    「レインツリーの国」に込められた意味も素敵です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月16日

    #レインツリーの国
    #有川浩
    #角川文庫

    久しぶりの恋愛小説。地元の中学生が書いたという帯を見て知る。良かった。卑屈になったり素直になれなかったりするんですよね、自信がないのです。誰だって。ネットで知り合う二人ですが、実際に会ってからの色々の方がたくさん描かれていて◎。一気に読んだ!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング