赤川次郎の一覧

「赤川次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:赤川次郎(アカガワジロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年02月29日
  • 出身地:日本
  • 職業:小説家

桐朋高等学校卒。1976年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。『セーラー服と機関銃』、『ふたり』、『一億円もらったら』など数多くの作品を手がける。『セーラー服と機関銃』、『探偵物語 』など数多く映画化される。また『三毛猫ホームズ』シリーズなど数多くテレビドラマ化もされている。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/13更新

ユーザーレビュー

  • 三毛猫ホームズシリーズ 1~50巻合本版

    猫好きは読むべし

    タイトルの通り、三毛猫が主役。
    主人公は冴えない男性だけれど、このホームズの導きによってさまざまな事件と関わり、謎を追い、女性関係をこじらせ、解決していく物語の集大成。
    どのお話も主人公といい雰囲気になる女性がいるのだが、いかんせん優柔不断な男なのでいまいち決まらない。それが物語のたびに起きるの...続きを読む
  • ぼくが恋した吸血鬼

    懐かしい

    小学校高学年の時に文学少年を気取り、
    初めて漫画以外の本を買ったのがこちらでした。
    ここから赤川次郎さんのテイストにハマり、
    字の本の楽しさを学びました。

    主人公のイメージは発刊よりかなり後にブレイクした僕っ子時代の内田有紀さんがどハマりします。
    (若い子は知らないですね)

    赤川...続きを読む
  • 狐色のマフラー~杉原爽香 四十八歳の秋~

    一年ぶりの再会

    毎年、勝手に同級生のような気分で逢えるのを待ちわびています。今回も爽香さんは素敵なメンバーたちと、ナイスコミニュケーション!!と思う場面とキャラクターが確立しているので安心しながら物語りに入り込めました。大切な方との別れは寂しさもありますが、素敵な出逢いもありますます爽香さんの人生に厚みが出てきます...続きを読む
  • 三毛猫ホームズの推理
    しばらく社会派ミステリーが続いたので
    気分転換に

    まだ小学生の時?に多分何度も読んだんだろうな、
    ホント、細部までしっかり覚えてたから…

    大人になってから、いろいろなミステリーを読んでみて思ったことは、世間では結構、赤川次郎作品は子供騙しだとかレベルが低いとか言われるけど、物語の構成もしっかりし...続きを読む
  • マリオネットの罠
    赤川次郎にしては、内容があまり淡々と綴られていることはなく、細かくじっくり描かれていた。
    それはそれで良新鮮だったし、おもしろかった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!