「神林長平」おすすめ作品一覧

「神林長平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:神林長平(カンバヤシチョウヘイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1953年07月10日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:作家

長岡工業高等専門学校卒。1979年『狐と踊れ』で第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、同作でデビュー。『敵は海賊・海賊版』で第15回星雲賞日本長編部門、『スーパー・フェニックス』で日本短編部門をダブル受賞。『戦闘妖精・雪風』がOVA化された。その他作品に『あなたの魂に安らぎあれ』、『死して咲く花、実のある夢』、『天国にそっくりな星』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 死して咲く花、実のある夢
    すごく不思議ででも泣きたくなるくらい綺麗な世界にひたーっとひたれる作品。この不条理差は絵本的世界観に近いのかも。たむらしげるさんにクジラ書いてもらいたい(笑)

    最後の終わり方が好き。
  • フォマルハウトの三つの燭台〈倭篇〉
    何これ!楽しい‼︎
    まだ読んでる途中だけど、もー楽しい♪ 私の予想とかの斜め上どころか平行宇宙のどっか変なとこをくすぐってこられます。神林作品は網羅してませんが、アンブロークンアロー や 誰の息子でもない にもあったテーマだなぁと思って読んでます。人工人格搭載の家電とかVRで裁判とか、…ふふ...続きを読む
  • グッドラック 戦闘妖精・雪風
    「戦闘妖精・雪風」シリーズ2作目。
    1作目に比べて戦闘シーン、ミリタリー色は控えめで、「人間」・「ジャム」・「人工知能」それぞれの存在を深く掘り下げた内容になっている。
    印象深いのは主人公・深井零と愛機「雪風」の関係性の変化。
    前作では零の一方通行な思い入れだったが、新たな機体を手に入れた雪風は零を...続きを読む
  • 戦闘妖精・雪風(改)
    元版よりもクーリィ准将のキャラや行動原理が一貫していて、完成度が上がっていると感じた。「むは」がなくなったことだけが残念。
  • 敵は海賊・海賊版 DEHUMANIZE
    大好きなシリーズ。
    久々に読み返し。
    一番好きなキャラはアプロだけど、母艦も含めて皆好き。他の神林作品はあまり入りやすい感じでは無いけれど、この作品集はいつ読んでも世界観とキャラが好きだ。最初に読んでから20年以上経っているのに。
    色褪せない。
    命令系統のシステムの若干機械的な感じと、高速言語とかカ...続きを読む

特集