神林長平の作品一覧

「神林長平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:神林長平(カンバヤシチョウヘイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1953年07月10日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:作家

長岡工業高等専門学校卒。1979年『狐と踊れ』で第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、同作でデビュー。『敵は海賊・海賊版』で第15回星雲賞日本長編部門、『スーパー・フェニックス』で日本短編部門をダブル受賞。『戦闘妖精・雪風』がOVA化された。その他作品に『あなたの魂に安らぎあれ』、『死して咲く花、実のある夢』、『天国にそっくりな星』などがある。

作品一覧

2023/03/23更新

ユーザーレビュー

  • 敵は海賊・海賊版 DEHUMANIZE
    物語は、著述支援AIを利用して執筆していたつもりが、気づかぬ間にAIによって書かれたものになり変わっていた、という語り手の宣言から始まる。

    この、AIを利用しているつもりが、いつの間にかAIに取り込まれてしまっていた、みたいな神林長平の小説でしばしば見るこの設定を最初に開陳されて、どういう話になる...続きを読む
  • 戦闘妖精・雪風(改)
    再読。年齢が近づくと零の社会不適合者っぷりがよく分かる。同時に零の生きづらさ、雪風への執着についても、以前より理解できるような気がした。無機質な戦闘シーンが好き。
  • アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風
    言葉にすること、言葉によって作られるものに関した話が印象的だった。最後のシーンは爽やかで清々しく、希望を感じさせる美しいシーンだった。
  • 魂の駆動体
    たまにSF読むと面白い。自動車とクルマの区別としての精神論みたいなお話。SFは男性作家の方が好きかも。
  • 敵は海賊・海賊版 DEHUMANIZE
    久しぶりに読み直しました。
    SFの世界観、物語の展開、戦闘シーン、どこをとっても面白く引き込まれる作品。
    戦闘・友情・恋愛、さまざまな要素を含みながらテンポ良く展開する物語は圧巻です。
    ラストの終わり方も綺麗、匋冥らしい締め方も面白かったです。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!