辻村深月の一覧

「辻村深月」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:辻村深月(ツジムラミヅキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年02月29日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家

千葉大学教育学部卒。2004年『冷たい校舎の時は止まる』でデビュー。『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』、『本日は大安なり』、『オーダーメイド殺人クラブ』など各賞候補作となる作品を次々と手がける。『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞。同作品は映画化もされ、好評を博した。『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞を受賞している。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年6月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/05/18更新

ユーザーレビュー

  • クローバーナイト
    巧みな心理描写と伏線回収はまさに辻村深月さん。
    女性誌に掲載されていたこともあり、軽く読めるエッセイ風の短編集でありながら、ストーリーとしてきちんと成立させているのがさすがでした。
  • 琥珀の夏
    自分がいいと思ってする行為が、他者にとって必ずしもいいことではないと理解していたが、それが傷つけてしまっていることだったりすると取り返しが付かない。人との距離を考えさせられた。
  • かがみの孤城
    なんだかもったいなくて、ずっと本棚にあったのをやっと読んだ。辻村さんのお話はいつも一気読みしてしまう。
    後半のたたみかけがすごくて、読んでてなんとなく予想できたところもあったんだけど、感動した。エピローグのところは予想外だったけど…。
    七人それぞれ性格も事情もいろんなものがちがって、でも"仲間"、"...続きを読む
  • かがみの孤城 下
    まだ5月ですが、今年No.1かもしれません…!
    仲間たちの"現実"を知り、感動のラストを迎えたと思ったら…
    更なる感動と怒涛の伏線回収が待っていました。
    皆さんの絶賛の声がよく分かりました。
    余韻がすごい。
    もっと早く読めばよかったと後悔してます…
  • かがみの孤城 上
    不登校の経験がある私には、少し苦しい場面もありましたが、登場人物たちの仲間を思いやる姿に胸が暖かくなりました。

    分厚いですが、とても読みやすい文章であっという間に読み終わりました!
    城のみんなが幸せになることを願いながら、下巻を読んでいきます。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!