「辻村深月」おすすめ作品一覧

「辻村深月」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:辻村深月(ツジムラミヅキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年02月29日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家

千葉大学教育学部卒。2004年『冷たい校舎の時は止まる』でデビュー。『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』、『本日は大安なり』、『オーダーメイド殺人クラブ』など各賞候補作となる作品を次々と手がける。『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞。同作品は映画化もされ、好評を博した。『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞を受賞している。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年11月号

作品一覧

2017/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 凍りのくじら
    読むひとを自然と惹きこむような文章で、気が付いたらあっという間に読み終えてました。
    ことばに無駄がなくシンプルで丁寧。いろんなところで評価されている通り、心理描写がうまい。
    特にあっと驚くような事件があるわけでもないし、そんなに伏線があるわけでもなく。
    伏線なんて、これってもしや・・と思うところが...続きを読む
  • 子どもたちは夜と遊ぶ(下)
    教室でのシーン、エピローグほんとにたまらなかった。
    最初は月子が好きくなかったけど、月子を知れば知るほど愛おしくなった。彼女は最初からぶれてない。内容が内容なだけに、また気軽に読もう!とは思わないけど、またいつか読み返すだろうな。
    とにかくエピローグがほんとに素晴らしい!!あそこからの、あんな終わり...続きを読む
  • スロウハイツの神様(下)
    ほんとにシンプルで丁寧な文章で、辻村さんの世界はすごくやさしい。
    やっぱり何か大きな事件が起こるわけではないけど、とにかく面白い。細やかな伏線がキラキラつながっていくのがほんとに良い!!いっちばんいいところ、みなまで書かないのがまた良い。含みというか、余韻残してどうぞお好きにって感じがやっぱりやさし...続きを読む
  • かがみの孤城

    もしも中学時代に

    主人公と似たいじめを中学時代に経験。その時は今を乗り切ることに必死だったけど、当時この本と出会えていたら、「たかが学校」と思えていたら、13歳から今までの人生は実は大きく変わっていたのかなと思います。中学生ぐらいの年代に向けたいじめの物語にありがちな、いじめた相手と和解させることをしなかったのも高評...続きを読む
  • ハケンアニメ!
    アニメ制作の舞台裏を描いた小説。
    辛いことがあっても、自分の好きなものにとことん熱中しながら創作をする主人公たちの姿がとても眩しい。
    また、所謂「オタク」「非リア」と呼ばれる人達の心情にスポットを当てたのも面白い。共感できる場面もあり、面白かった。

特集