かがみの孤城

かがみの孤城

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。 輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。 そこにはちょうど“こころ”と似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。 すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。 生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

ジャンル
出版社
ポプラ社
ページ数
558ページ
電子版発売日
2017年06月02日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

書店員のおすすめ

あることが原因で学校へ行けなくなった主人公のこころは、光る鏡を潜り抜けた先のお城で、オオカミのお面をつけた「管理人」の少女と、こころと似た境遇の6人の子供たちに出会います。管理人は言います。「この城から鍵を見つけた1人の子供の願いを、なんでもかなえてあげる」と。
鍵を探す話ではなく、そこに集った7人がそれぞれに影響しあって個々の問題に向き合っていく1年が描かれます。

鏡の向こうのお城の話という、ファンタジーがベースとなりますが、登場人物たちが抱える問題は大変現実的。すごく苦手だった女子中高生独特の仲間意識、話の通じないオトナ、母親への遠慮と葛藤など、自分が中学生だったころに、言葉にできなかった苦しさが何だったのかを、とても上手に文字に起こしてもらったような感覚です。一方、今だからわかる親や教師側への共感も多く、当時の私を愛しく思いながら読みました。辻村さんの丁寧な感情描写は本当に素晴らしいです。

本屋大賞2018年受賞作。私にとっても、2018年のベストとなりました。あらすじにもある通り、もし生きづらさを感じているなら、この本が未来のあなたに代わってあなたを救ってくれるかもしれないなと思います。

    購入済み

    gohaan 2019年09月24日

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月03日

    誰しも自分だけで抱えている思いはあるものです。
    もういい大人なので、普段生活しているときには、「学生の頃」など思い出すこともありませんが、
    この本を読んでいる時には、恥ずかしいこと、怖かったこと、など思い出しました。(一気読みではなく、何日かに分けて読んだならかもしれません。)

    生活しているといろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    居場所を失ってしまった7人の中学生の出会い。集められた城で過ごす非日常は、心に影を落とすものからの救いとなるのか…?
    「助けられたい」という想い。「助けたい」と思う気持ち。
    みんな、ひとりじゃない。きっと助け合える。
    そして、願いは叶えられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    最初は突拍子もないファンタジーかなと思って読み進めていましたが、これがなかなか深い内容でした。子供たちの人間関係や葛藤をうまく描いていて、非常に読み応えがありました。物語が進むにつれて、明かされていくこの城の秘密も面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    ◯「たかが学校のことなのにね」(410p)

    ◯普通かそうじゃないかなんて、考えることがそもそもおかしい。(528p)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    私たちの生きる現実に「かがみの孤城」はないかもしれない。でも居場所はひとつじゃない。あなたにとっての鏡孤城のような場所は必ずある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月06日

    もはや私の中で殿堂入り作品なので登録しておく。
    辻村作品はスロウハイツの神様、オーダーメイド殺人クラブ、名前探しの放課後がマイTOP3だったけど、完全に塗りかえられた。今後これを超えるのは本人ですら難しいのではというくらい素晴らしかったです。
    電車の待ち時間に電子書籍で買って読み始めたのだけど、結局...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    思春期を迎え思い悩んだとき、社会のなかで人間関係に息苦しくなったとき、過去にそんなことがあった人など、この本を一読するだけで、心が救われ、自分は自分でこれからがある、どんな環境下であっても道は開くことはでき、決してひとりではないと、気付かせてくれる作品だと思います。長編でしたがあっという間に読めまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    古城で出会った7人はみんなそれぞれの生きづらさを感じている。ぶつけどころのない怒りや悲しみ、押し寄せる不安。最初はたどたどしい様子だった7人も、時間が経つにつれてお互いに助け合う。
    私はこの作品にとても感動した。古城の存在、集められた7人、7人が現実の世界で会えなかった理由。読み進めるにつれて話がど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    洗い流される

    とっくん 2018年07月19日

    人間関係の難しさはどの年齢においてもある。現状の人間関係について、再考できる、良い本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています