桜庭一樹の一覧

「桜庭一樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:桜庭一樹(サクラバカズキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1971年07月26日
  • 出身地:日本 / 島根県
  • 職業:作家

1999年『夜空に、満点の星』でデビュー。『推定少女』、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』、『青年のための読書クラブ』など多数の作品を手がける。『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)受賞。2008年『私の男』で第138回直木賞受賞。この作品は2014年映画化されている。

公式Twitter

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2022/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 赤×ピンク
    「失うまいと一心不乱にかき抱く。こんなにも力を込めているのに、指と指の間から、まるで液体でできているかのようにこぼれ落ちていく。」

    親に庇護を受ける少女でもなく、自立した大人の女性でもない。おんな と こども の間の孤独で、不安定で、脆く、儚い、女の子達が愛おしい。
    「あの子に彼氏が出来た」事に反...続きを読む
  • 私の男
    落ちぶれた貴族みたいな優美で甘い“私の男”。どこか壊れているけど、とても魅力的な淳悟沼に、私も花ちゃんもハマってる。どんどん呑まれてく。
    無表情で感情的なのがたまらなく好き。

    P208 「淳悟がもうすぐかもしれない、と思ったら胸が熱くなって、うれしすぎて帰って悲しいような気分になった。」
  • GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)
    天才的頭脳を持つ傍若無人で謎を秘めた美少女と、お人好しで誠実な少年という王道中の王道なコンビによるミステリはもちろん面白いのです。
    読者に明け透けに情報開示しているように見せて要点を隠す。その手法も鮮やか。
    今更と思わず読んでよかった古びない魅力。
  • 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet
    『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』再読。
    「好きって絶望だよね」「こんな人生、ほんとじゃないんだ」
    胸がはちきれそうになるほどヒリヒリした。作中に登場する言葉なんだけど、もう無理です(いい意味で)こんな内容だったっけか?少し忘れていた部分もあったけどよかっ...続きを読む
  • 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(下) A Lollypop or A Bullet
    よき!!!!
    あれだ、人によっては読めない人いそう
    トラウマある人はダメだ

    最後の終わり方もよくて
    バラバラの話が1個になる感じが特に〇

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!