GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)

GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【挿絵あり】パイプを片手に、恐るべき頭脳で難事件を解決していく不思議な少女ヴィクトリカ。人形とみまごうほどの美貌をもつ彼女だが、性格は超傍若無人!? 真面目で誠実な留学生久城一弥はそんな彼女に日々振り回されっぱなし…。そんな中、とある占い師の死をきっかけに、二人は豪華客船で起こる殺人事件に巻き込まれてしまう。次々と命を落とす乗客達、そして明かされる驚愕の事実とは──!? 天才美少女の極上ミステリー、開幕!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年12月03日

    ドラゴンマガジン掲載時から追っかけてるシリーズ。新刊が出るたびに再読してるので何回目かの再読。最新刊を読めるのはいつになるのか・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月29日

    イラストの繊細なフリル、内容はめくるめく謎解きと友情と恋を行ったり来たりする甘酸っぱさがつまっており文句なしに大好きな作品。桜庭一樹さんの文も歯切れがよくて好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月08日

    原作→アニメ→漫画ときて再び原作へ

    富士見ミステリー文庫版が廃刊?になってしまって悲しかったので、ビーンズ文庫で武田日向版が出たのは嬉しい

    ヴィクトリカが浴衣を着てる挿絵がすごく好きです

    トリック自体はそこまで?複雑なものではないけれど、ヴィクトリカと久城の関係性が巻数が進むごとに変化していく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月31日

    裏表紙のワイドイラストが削られて、バランス調整でトリミングされた以外は富士見ミステリー文庫版のイラスト全収録。カラーの発色も良くなってますし、完全版と言っていいでしょう。なにより祝うはあとがき再録。これぞ待ちに望んだ完・全・復・活! ありがとうビーンズ文庫。

    加筆修正は未チェック。
    ロゴが新装され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月12日

    今頃になって初めて読んだ桜庭一樹作品。かなりライトなミステリ小説で、主人公の片割れが少しだけショタっぽいのが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月27日

    ストーリーが最初の話しから最後まできれいに繋がってて、気持ちよかった。途中までしっかりだまされた…。
    作者さんは男かと思ったけど女の人なのね。
    ストーリーも面白かったけど、なによりあとがきの変な友人たちの話がめっちゃ面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月12日

    登場人物のキャラが、とってもGood!
    事件の謎が私には最後までわからず、楽しく読み終えることができました。今までになかったような、事件ばかりなので、オススメ☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月20日

    アニメを見ていたけどもう一度たどりたかったストーリー。活字を追うとアニメで見るより入り込むというか、浸れてしまい逆につらかった…それが狙いだったのだけど
    二人が偶然すれ違うシーンの挿し絵がすばらしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月19日

    こういうアニメみたいな設定の本にはあまり手を出さないのですが、なんとなく手に取ったので読んでみました。

    思ったより面白い!
    やられました。

    長さも内容も、サクッと読めるちょうどいい分量でした。
    続き読もう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月08日

    アニメに惹かれて購入。 角川文庫版かビーンズ文庫版のどちらを買うかで迷ってましたがあとがき&挿絵つきのこちらにしました。

    ミステリー小説としての面白さもさることながら、あとがきの魅力は出色。 これだけでも読む価値あり、か?

    本編は天才的な頭脳で難事件を解決していく傍若無人なヴィクトリカと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫) のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)
    【挿絵あり】パイプを片手に、恐るべき頭脳で難事件を解決していく不思議な少女ヴィクトリカ。人形とみまごうほどの美貌をもつ彼女だが、性格は超傍若無人!? 真面目で誠実な留学生久城一弥はそんな彼女に日々振り回されっぱなし…。そんな中、とある占い師の死をきっかけに、二人は豪華客船で起こる殺人事件に巻き込まれてしまう。次々と命を落とす乗客達、そして明かされる驚愕の事実とは──!? 天才美少女...
  • GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫)
    【挿絵あり】〈“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する〉──謎の新聞広告を目にしたヴィクトリカは、その夜たった一人で学園を抜け出し、山奥の小さな村に降り立った。後を追ってきた久城一弥がその訳を問うと、母の無実を晴らすためだというが…? 秘密に満ちた“灰色狼”の村で、過去と現在に起きた二つの殺人事件の謎が混迷する、波乱の第2巻! 「久城、君が……君が私を守ってくれるのだ...
  • GOSICK III ─ゴシック・青い薔薇の下で─(ビーンズ文庫)
    【挿絵あり】風邪で寝込むヴィクトリカを学園に残し、故郷の姉に頼まれた〈青い薔薇〉を買うため首都ソヴレムにやってきた一弥は、そこで謎の人間失踪事件に出くわす。食い違う証言。消えた部屋。そして高級デパートに潜む闇の正体とは…!? 一方、ひとりぼっちのヴィクトリカは、熱と退屈と、寂しさにうなされていた。「久城、め……ほんとに、出かけたのか……」──離ればなれの二人が事件の真相を紡ぎ出す、極...
  • GOSICK IV ─ゴシック・愚者を代弁せよ─(ビーンズ文庫)
    【挿絵あり】その日、図書館塔で退屈を持て余すヴィクトリカの頭に落下してきた金色の書物。〈汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!〉そこにはかつてこの王国に君臨し、学園の時計塔から謎の失踪をとげた錬金術師リヴァイアサンからの挑戦が! 奇しくも同じ頃、その時計塔で不可解な密室殺人が起こり…!? ヴィクトリカにより全ての謎が繋がれたとき、この王国の禁忌が明かされる──極上ミ...
  • GOSICK V ─ゴシック・ベルゼブブの頭蓋─(ビーンズ文庫)
    【挿絵あり】父・ブロワ侯爵の思惑により、突然遠く異国の修道院“ベルゼブブの頭蓋”に幽閉されてしまったヴィクトリカ。一弥は、衰弱していく彼女を救うべく、ひとり大陸横断列車で修道院へと旅立った。その日、魔力の祭典〈ファンタスマゴリアの夜〉で起きた、不審な殺人事件をきっかけに、裏の顔が見え隠れし始めた修道院──。その水面下では巨大な陰謀が進行していた! 果たして、二人の運命は…!? 極上...
  • GOSICK VI ─ゴシック・仮面舞踏会の夜─(ビーンズ文庫)
    【挿絵あり】謎の修道院“ベルゼブブの頭蓋”を辛くも脱出し、豪華列車オールド・マスカレード号に乗り込んだヴィクトリカと一弥。そこで二人は〈孤児〉〈公妃〉〈木こり〉〈死者〉と己の身分を偽る奇怪な乗客達に出会う。そして、やっと手にした安息も束の間ブレーキ弁を壊された列車は暴走を始め、車中では毒殺事件が起き…!? 誰もが疑惑の証言を呈する中、二人は真実を見抜き、無事に学園に帰ることが出来...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています