無花果とムーン

無花果とムーン

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

18歳の少女・月夜の大好きなお兄ちゃんは、ある日目の前で突然死んでしまった。月夜はその後も兄の気配を感じるが、周りは誰も信じない。そんな中、街を訪れた流れ者の少年・密は兄と同じ顔をしていて……!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年01月25日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

無花果とムーン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月20日

    様々な形の愛と、日々に潜む非日常を感じた。頭から終わりまで、思春期の、大人と子供の間特有の、甘い空気が満ちていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    喧嘩と仲直りを繰り返す、女子特有の交友関係をなぜこんなにうまく描けるんだろうと思ったら女流作家さんでした。GOSICKの原作者さんだったとは、知りませなんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月30日

    桜庭一樹さん!「砂糖菓子~」の時も思ったけど、読み終えた後の不思議な感じ(でも、爽やか)好きだな。最初は、月夜の幼い感じや変な一人称が鼻についたけど、後半は逆に、アンバランスな文章が凄く心に響いた。この人の書く人物、凄く魅力的。お父さんや、兄貴、お兄ちゃん、イチゴ先輩、密、約…みんな。桜庭さん、好き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月17日

    パープル・アイと尖った犬歯の女の子の月夜。
    貰われっ子と自分の外見がコンプレックスな月夜はお兄ちゃんを突然なくしてしまう。
    お兄ちゃんの死に関する秘密と罪悪感、喪失感を抱きながら過ごすうち、死んだはずのお兄ちゃんを感じ出す。

    大好きだった人の死から始まるので涙腺崩壊。
    そりゃ、乗り越えられないだろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

    桜庭さんの作品は久しぶりに読んだかもしれないです。

    死者が絡む物語は、胸が締め付けられてしまいます。
    わかっているのに涙腺崩壊寸前でした。

    他の家族と血の繋がりがない主人公が、兄を喪ったことで自分を追い込んでいるような辛い空気が感じられた。
    兄の死の真相が吐露される場面は辛くて切なかった。
    終盤...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月08日

    ある一家に引き取られた女の子の大好きなお兄ちゃんが死んでしまった。
    そこから、彼女、月夜と死者であるお兄ちゃんの奈落の物語が始まる。

    能を観た時に思いついたというこの物語。死者と正者の交流は能の世界では当り前ですが、この物語で描かれる死者と正者の交流は胸が押しつぶされるように苦しくて切ない。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    キスをした直後に義理の兄、奈落が死んだ。パープルアイを持つ«もらわれっこ»の月夜は突然の悲劇から目を背け続ける。おとうさんは月夜を現実に引き戻そうとする。そして«天才的現実主義者»の長男、一郎は非現実的なことを言う月夜を厳しく避難する。この小説はページを捲りながら、ただただ息が詰まりそうだった。私は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年03月06日

    月夜の悲しさの川は奈落や家族の愛、それ以外の愛を感じて海へと流れて行った。
    それは忘れるのではなく落とし込んで浄化するような神聖さがある。
    世界のふちに立ち続けていた月夜はお兄ちゃんである奈落と居た日々が全てで輝いていた。
    お父さんの忘れることという一般論に奈落が忘れるなと叫ぶようにベルを鳴らして、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています