東京ディストピア日記

東京ディストピア日記

作者名 :
通常価格 1,892円 (1,720円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

作家・桜庭一樹が記録するコロナ禍の東京・2020年1月~2021年1月。分断が進むこの世界で、私は、あなたは、どこにいて何を思考する、誰なんだろう――?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
河出書房新社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年04月24日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
2MB

東京ディストピア日記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月26日

    想像以上によかった。桜庭一樹の日記が好きなので、また読めて嬉しい。が、とにかく内容は厳しい。改めて、こんな日常を生きてきたのかと思うと、みんな、ほんとうに頑張ってきたなあと。分断が生まれつつも、生きていることが素晴らしいと、とにかく思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月24日

    1年後の今から振り返れば笑い話も多々あるが、作家の貴重な稗史の記録。志村けんの手話が「アイーン」なんて知らなかったし、身の回りだけでなく自治体の動き、世界史的な記録も丹念に追いかける観察力に頭が下がる。実はコロナはまだ続いていて、続編を期待するが、この稗史の裏取りも出版社の責任できちんとしてほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月12日

    誰もが今経験している、コロナ禍の物語
    桜庭先生の日常の世界について語られる、2020年の1月からの1年間

    読み進める
    まだコロナ禍にも関わらず、あぁこんなことがあった!と懐かしく、随分と前のことのように感じてしまう
    それだけ日常のものになってしまったのだろうなと
    私自身の日常はコロナ前とそんなに変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    2020年1月から2021年1月までのおよそ1年間の日記。東京在住の著書の身辺及び日本国内、世界の新型コロナウィルス感染症の感染状況がつぶさに記録されている。細かい時事情報も記載されており、将来的に重要な記録書になるのではないか、と思いながら読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月31日

    コロナ禍に見舞われた2020年の日記。
    1年経った今も出口は見えず、ループする2020年に閉じ込められたような気がしてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    2020年1月から2021年1月までの日記。コロナの足音が聞こえ、流行して、緊急事態宣言が出て、ワクチンができ…。たった1年のうちに生活が変わる様子を、1人の市井に生きる人間の視点で描いている。読んでいる自分がまだコロナ禍にいるため、今後、どうなるのか分からないが、たった1年のうちに忘れていることも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    佳作。この人のエッセイは初めて。事実と、自分の感じたことと、はっきりと区別しながら、淡々と進めていく様子が良かった。実に。地方に住んでいる人間としては、東京の、下町の空気が、伝わってくるようだった。
    表紙が鳥飼茜さん。最後まで読んで、クレジット?で気づいた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月08日

    コロナ下の生活を書いた本を読んだのは初めて
    時系列で綴られる日本と世界の状況
    読みながら「あーそんなことあったあった」と1年とちょっと前の事なのに忘れている自分に驚いた
    刻々と変化するコロナ社会と作者の日常と心境の変化に共感

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月13日

    コロナ禍の日記、ではなく、ディストピア特集という依頼でコロナ禍の日記にしたという一冊。たしかに今の世界はディストピアでしかない。オンラインイベントのために今週中に読もうと思ってて、感染状況やいろいろな社会の動きをなぞるのはしんどいこともあったけど、でも読めてよかった。社会の一員として、考えなければい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    私の男など数々の著書を出されてきた桜庭さんのコロナ下での12ヶ月の記録。

    これは今読みたい。自分が抱えている心の中のもやもやがなんなんだろう。桜庭さんのフィルターを通したコロナの世界を見てみたいといういろんな気持ちから購入しました。

    淡々と世界中のコロナに関する事実が書かれているとともに、緩やか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング