君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。読後、きっとこのタイトルに涙する。デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位に輝いた話題作、待望の文庫化。累計250万部突破のベストセラー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
シリーズ
キミスイシリーズ
電子版発売日
2017年04月27日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
  • 映画化

    「君の膵臓をたべたい」

    2018月9月1日公開
    声の出演:藤井ゆきよ、Lynn、高杉真宙

君の膵臓をたべたい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    二人の会話のやり取りや関係性がもの凄く愛おしい。ずっと続いて欲しかった。

    余談ですが、
    私の好きな焼肉の部位はランプです。笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    教習所通ってる時にバスで読んでたんだけど泣いた。
    ごりっごりにバスの最後尾で泣いた。

    親友が数年前に亡くなったのだけれど、人の死程辛いものは無いしそれと同時に自分はどう生きていくか考えさせられる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    余命宣告を受けた人もそうでない人も1日の価値は同じであることを読んでて思った。「生きる」とは何か、「君と出会ったのは偶然じゃない、私たちはお互いに出会うことを選んだんだよ」といった桜良の言葉は、残り少ない命だからこそ重みのある言葉となり、大事な事を教わった気がする。個人的には主人公と桜良の友達でも恋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    映画にもアニメにもなって…そんなにいい話なのぉ?と変に勘繰って読むことを敬遠してた。バカでした。

    久しぶりに読みながら涙してしまった。
    名前のない僕と桜良の距離感だからこそ、お互いのことを深く考えられる。「好き」なんて言葉が軽く感じてしまうほど必要としあった二人。生きるって事は…

    読みながら涙し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月31日

    ー 気づく。全ての人間が、いつか死ぬようになんて見えないってことに。僕も、犯人に殺された人も、彼女も、昨日生きていた。死ぬ素振りなんて見せずに生きていた。そうか、それが、誰の今日の価値も同じということなのかもしれない。
    僕が考えていると、彼女は論すように言った。

    「そんな難しい顔しないで、どうせ君...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    あんまりこの類の小説は読んだことがなくて(むしろ避けていたくらいで)、勧められたから読んでみようといったテンションだったが、予想以上の作品でびっくり。

    最初はよくある恋愛小説の流れだなあと思ってたら、後半で劇的な展開で意表をつかれた気分。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月24日

    ボロ泣き確定の1冊
    「〇〇くん」の意味を知ってそのままもう1周
    何回読んでも毎回泣く。全く飽きがない。

    実写化すると知って
    「実写はするもんじゃないよ…」と期待してなかった自分をぶん殴りたい
    めちゃくちゃに泣きました。

    初めて読書会に参加した時も迷わずこれを持ち込みました
    大好きな本です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

     とにかく、今まで読んだ本の中で1番泣きました。
     「死」を通して現れる人間の弱さだったり、当たり前の大切さだったり、現実の厳しさに心を揺さぶられました。
     涙なしには読めない、感動系の最高作です。老若男女問わず、1度は読んでほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月18日

    このタイプの2人が仲良くなるのはいかにもファンタジー。その時点でつまらないと思う人もいるかも知れない。

    彼のお母さんが白い封筒を渡した所で泣きました。

    とても素敵な作品でした!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    切ない青春小説ここに在り!

    クラスメイトの山内桜良と彼女の秘密を唯一知る主人公のお話。彼女の秘密とは、、、あと1年で死ぬということ。甘く切ないストーリーと題名にきっと涙する。

    印象に残った文
    「君の膵臓を食べたい」

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています