「コナン・ドイル」おすすめ作品一覧

「コナン・ドイル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/11/17更新

無料あり
空家の冒険
  • ブラウザ試し読み

無料あり
暗号舞踏人の謎
  • ブラウザ試し読み

無料あり
株式仲買店々員
  • ブラウザ試し読み

無料あり
黄色な顔
  • ブラウザ試し読み

無料あり
グロリア・スコット号
  • ブラウザ試し読み

無料あり
白銀の失踪
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • シャーロック・ホームズの叡智
    原作には「シャーロック・ホームズの叡智」というタイトルはなく、新潮文庫が諸般の事情で他の文庫に載せきれなかった短編の寄せ集め。聖典60作品を読むにあたっては出来るだけ発表順に読む事にしたので、この「叡智」を通して読んだわけではない。推理の過程はもちろん、ワトソン博士とのやりとりや当時のロンドンの街並...続きを読む
  • シャーロック・ホームズ最後の挨拶
    1980年台が舞台の初期の事件では馬車・汽車・徒歩が移動手段だったが、「最後の挨拶」ではワトソンがフォード車を運転しており隔世の感がある。これは1914年8月2日の事件だそうなので、緋色の研究で二人が出会ってから20年以上経っている。何もかもみな懐かしい。引退後にホームズがサウスダウンズの農場で蜜蜂...続きを読む
  • シャーロック・ホームズの帰還
    1893年のストランド・マガジン12月号『最後の事件』で読者の前から姿を消したホームズが、10年後のコリアーズ・ウィークリー9月号とストランド・マガジン10月号に戻ってきた。死んだ筈だよお富さん、生きていたとは…。話の中では3年間ロンドンを離れていただけらしい。シドニー・パジェットの挿絵がカラーにな...続きを読む
  • シャーロック・ホームズの思い出
    「ノーベリ」の元になった『黄色い顔』、マイクロフト初登場の『ギリシャ語通訳』、モリアーティ教授が登場した途端いきなり終焉を迎える『最後の事件』等々盛り沢山。復活するの知ってるからいいようなものの、当時のストランド・マガジン読者は突然の最終話に嘆いただろうなと。捜査は相変わらず拡大鏡で足跡を見たり夜中...続きを読む
  • シャーロック・ホームズの思い出
    いやーおもしろかった!!
    つーか、ホームズ、ワトソン以外に友達いたんだねー。
    学生時代の親友のお話、
    それがこの仕事につくきっかけっとなったとゆー。
    うーん、再読のはずなのにまったく覚えてなかったぞー。

    ホームズの予想外な事件もあったり、
    それをホームズが素直に自分を戒める糧(?)とするとこが好き...続きを読む