バスカヴィル家の犬

バスカヴィル家の犬

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

深夜、銀幕のような濃霧のたちこめた西部イングランドの荒野に、忽然と姿を現わした怪物。らんらんと光る双眼、火を吐く口、全身を青い炎で燃やす伝説にまつわる魔の犬は、名家バスカヴィル家の当主ヘンリ卿を目がけて、矢のように走る――。きわだった叙景によって舞台となる特殊地帯を一種の密室のように仕上げ、息づまるばかりの緊張を生む、ホームズ物語中最大の長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
シャーロック・ホームズシリーズ
電子版発売日
2016年02月19日
サイズ(目安)
1MB

バスカヴィル家の犬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月04日

    コナンドイルの小説は初めて。ドキドキしながら読んだ。映像版もみてみたい。不気味な伝説と殺人計画が絡み合ってるのがザ・サスペンス!他のシリーズも読んでみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    事件の舞台が暗い沼沢地でありながら、解決するシーンは鮮やかでスピード感があり、読み終えた後の満足感はシリーズの中でも一番だと思います。
    また、メインの舞台は上述の通りですが、ロンドンでも不可解な出来事が起こります。世界観の広さも魅力の一つに感じられました。
    また、この事件ではホームズとワトソンが別々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    1人ホームズ祭り5作目。展開も面白いのに、犬と夫人のことを思うと、手放しに楽しみきれない自分がいた。全く知らない景色なのに、感覚的に強く感じるものがある作品に時々出会うけど、これはまさにそれ。私までステープルトンに縛られかけているような、そんな心地がしていたので、読み終わった時に少しホッとしてしまっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月25日


    短編の後に長編をよむと、とても厚みがあって今作品は風景や心情の描写がとてもよく描かれていて、臨場感が溢れてドキドキしながら読んだ。

    バスカヴィル家に伝わる犬の話はよくできていてとても恐ろしかった。
    それが相まって早く真相を真相を!!!
    と後半は急き立てられた。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月27日

    大好きな一冊です。
    初めて読んだのは小学生の頃。
    小学生ながら貪るように読み切ったのを覚えています(笑)
    ホームズの聡明さもさることながら、ワトソンの根性にも驚かされました。
    え、あの人が⁉︎となる場面も多々あり、飽きることがないです。
    英語版も読みましたが、ドイルの文章はとにかくシンプルで美しいと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    探偵小説の古典だけどそこにある推理力や知識、ネットの向こうに膨大な知の蓄積や科学的な進歩、専門化などもあり総合的に賢い人が珍しい世の中にあって、そういう凄い人ホームズの姿は今読んでも痛快。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月10日

    子供の頃に簡約版を読んだ記憶があるが、省略のない完訳版をちゃんと読めてよかった。今更ながらシャーロック・ホームズに興味を持った理由は、大逆転裁判をプレイしたからに他ならない。まあどんな不謹慎なきっかけでも名作に触れるのは良い事だ。そしてシャーロック・ホームズ・シリーズを読んでいれば、大逆転裁判はより...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月19日

    『思い出』後の作品として執筆された長編。ホームズは前面にあまり出てこず、ワトスンのデヴォンシャーでの活動記録が中盤を占め、伏線とホームズの活躍の舞台を築き上げていく。敵を欺くにはまず味方からという格言どおりの展開に、ホームズの登場をワトスンのように待つ読者の姿がそこにあるのだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月23日

    ワトソンが長い期間1人でああだこうだと頑張る姿が新鮮でした。いろいろ物事を明らかにするのだけど、暗い中を地道に進んでいくような印象を受けました。ヘンリー卿の率直さにはたびたび笑いました。お疲れワトソン君!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月10日

    他のホームズ作品とは違う独特の雰囲気の作品。途中からホームズ抜きで話が進んでいく感じは、松竹の『八つ墓村』のよう(笑)。日本の田舎町を舞台にしているかのようで、横溝正史好きな僕はかなり楽しめる。そういえば、横溝正史もシャーロック・ホームズ大好きなんだよな。ホームズはミステリーの基礎ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています