舟を編む

舟を編む

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

2012年の本屋大賞を受賞し、松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演の実写映画でも話題となった本作。
いつもなにげなーく使っている辞書の裏側に、こんなドラマが潜んでいたとは…!
「辞書」の持つ、愛想のなさやお堅いイメージのせいか、エライ先生たちが事務的にクールに作っていると思っていたのは、どうやら間違いだったようです。
熱い、熱いよ…!
辞書作りに携わる人たちの、なんといきいきとしていることか!
興味のない人間にしてみれば、「あがる」と「のぼる」の違いなんてどうでもいいことだけど、主人公の馬締くんにとっては大問題。融通がきかなくて、クソ真面目で不器用……でも、そこが逆に愛おしい。こういう男はいい女を捕まえるものである…と思ったら、ほらやっぱり。
そう、これは仕事小説としても、ラブストーリーとしても楽しめる、おいしい一冊なのです。
ちなみに、2016年秋にはノイタミナ枠でアニメ化も予定されているそう(キャラデザはなんと雲田はるこ先生!)。(書店員・水玉)

Posted by ブクログ 2017年03月16日

言語化についての議論や、言葉についての考え方に共感しきり。和歌や漢文がなぜ美しいのか、詩や小説がなぜ芸術なのか、言葉がいかに美しく素晴らしいか、言い表してくれてすっきり。

「たくさんの言葉を、可能なかぎり正確に集めることは、歪みの少ない鏡を手に入れることだ。歪みが少なければ少ないほど、そこに心を映...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月12日

純粋に言葉ってすごいな、ということを小説から学べる。大袈裟ながら、どんなに解説の濃い国語の教科書よりも言葉の大切さがダイレクトに伝わるんじゃないかと思うぐらいには得られるものが多かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月08日

誰もが一度は手に取ったことがあるだろう辞書という書籍。
けれど、どうやって辞書が作られていくのかを知る人は意外に少ないような気もする。
「舟を編む」は、馬締というひとりの編集者が辞書の編纂の仕事に係わる過程を通して、周囲の人たちとの関わりや恋愛も含めての成長物語にもなっている。
言葉というのは簡単な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月02日

最初の方の、主人公・馬締の章がおわって、この段階からイチャイチャがはじまると読む気なくなるなと思いつつページを繰ると次は西岡の章で、これが馬締の章に負けず、いやそれ以上によかった。擦れたヤツの内面が、いやらしくなくわかる感じというか。ある意味、人間臭いんだよね、西岡。西岡の章が挟まることで、だいぶ作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月20日

辞書を作るお話。大変な仕事だけど、とても意義のあることだと感じた。西岡さんのキャラがいいな。馬締うらやましいぞ!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play