舟を編む

舟を編む

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

ジャンル
出版社
光文社
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

2012年の本屋大賞を受賞し、松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演の実写映画でも話題となった本作。
いつもなにげなーく使っている辞書の裏側に、こんなドラマが潜んでいたとは…!
「辞書」の持つ、愛想のなさやお堅いイメージのせいか、エライ先生たちが事務的にクールに作っていると思っていたのは、どうやら間違いだったようです。
熱い、熱いよ…!
辞書作りに携わる人たちの、なんといきいきとしていることか!
興味のない人間にしてみれば、「あがる」と「のぼる」の違いなんてどうでもいいことだけど、主人公の馬締くんにとっては大問題。融通がきかなくて、クソ真面目で不器用……でも、そこが逆に愛おしい。こういう男はいい女を捕まえるものである…と思ったら、ほらやっぱり。
そう、これは仕事小説としても、ラブストーリーとしても楽しめる、おいしい一冊なのです。
ちなみに、2016年秋にはノイタミナ枠でアニメ化も予定されているそう(キャラデザはなんと雲田はるこ先生!)。(書店員・水玉)

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年11月27日

「辞書は、言葉の海を渡る舟だ」美しいことばと表現に心を奪われ、夢中になって読みました。総合出版社玄武書房の辞書編集部が編む、新しい辞書『大渡海』完成までの物語。「ひとつの言葉を定義し、説明するには、必ずべつの言葉を用いなければならない」これまで何気なく使っていた辞書の魅力、奥深さに気づかせてくれた、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月27日

言葉の海を渡る舟、それが辞書。
その舟は編集者たちの人生と共に編み上げられていく。
長い歳月の間に培われていく仕事への熱い思いや恋や友情…表題やテーマも相まって、「織りなす」という言葉がとてもしっくりくるおはなし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月26日

新しい辞書『大渡海』完成のため辞書作りに没頭する編集部の物語。「辞書は、言葉の海を渡る舟」「言葉の持つ力。傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための力…」作中に次々紡がれる言葉一つ一つが心に響き、当たり前のように周りにある言葉の奥深さ、「言葉は宝」であることを実感。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月21日

コツコツ積み上げていくタイプの成功譚として参考になるな~
香具矢が最初のころとだんだんイメージが変わってきて、少し違和感を感じたんだけど私だけかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月26日

辞書、、、極めて地味な書物。
普段何気なく通り過ぎるモノが生まれるまでに、沢山の人の想いや拘りが詰まっていることに胸がいっぱいになる素敵な本です。ミスターチルドレンの『彩』が聴きながら、秋の夜長に、まったり読んでほしい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play