舟を編む

舟を編む

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

書店員のおすすめ

2012年の本屋大賞を受賞し、松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演の実写映画でも話題となった本作。
いつもなにげなーく使っている辞書の裏側に、こんなドラマが潜んでいたとは…!
「辞書」の持つ、愛想のなさやお堅いイメージのせいか、エライ先生たちが事務的にクールに作っていると思っていたのは、どうやら間違いだったようです。
熱い、熱いよ…!
辞書作りに携わる人たちの、なんといきいきとしていることか!
興味のない人間にしてみれば、「あがる」と「のぼる」の違いなんてどうでもいいことだけど、主人公の馬締くんにとっては大問題。融通がきかなくて、クソ真面目で不器用……でも、そこが逆に愛おしい。こういう男はいい女を捕まえるものである…と思ったら、ほらやっぱり。
そう、これは仕事小説としても、ラブストーリーとしても楽しめる、おいしい一冊なのです。
ちなみに、2016年秋にはノイタミナ枠でアニメ化も予定されているそう(キャラデザはなんと雲田はるこ先生!)。(書店員・水玉)

舟を編む のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    三浦本のお仕事小説は本当に面白い。重すぎず軽すぎず、ツラくなくて、ちょっと良い話。中心線は『大渡海』という辞書を作るストーリーで今作の主役が両親が和歌山県出身のまじめなマジメ(馬締)という(株)玄武書房に勤める青年。彼が、辞書編集部に引き抜かれるところあたりから始まり、多くの気のいい変人たちと一緒に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    好きが高じて仕事にした人たちの物語。
    世の中に星の数以上ある言葉を集め、編纂する人たちの信念を感じることができた。
    ノートを用いて、日常生活でも思ったことをメモする教授の姿勢には自分も彼のようにと発奮させられる。
    本末に記載されていた彼の恋文には読み物としての興味深さと読み手の理解を無視しているなぁ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月21日

    大学生も終盤、小学校の時はあれほどに読書が好きだったのに、いつしか本からネットの世界に移り住み、活字離れしていた私が久々に手に取った本のひとつ。
    「映像も一緒に見れるから」「私は視覚から入るタイプだから」などと言って読書してこなかったことをとても後悔するほどに、言葉を読むことの大切さを教えてくれた1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月20日

    「私は以前、君のような編集者とはもう二度と出会えないと言いました。あれは間違えでした。君が連れてきてくれたまじめさんのおかげで、私は再び辞書の道に邁進することができたのです」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

     2012年第9回本屋大賞受賞作品。
     大枠は辞書編集という仕事に携わった人たちの奮闘、情熱、歳月の長さを描いた作品。しかし、何かしら不器用な、それでいて憎むことのできない人たちが織りなす魂の物語と言ったほうが適切かもしれない。
     こういう仕事の達成感っていいなと率直に思ってしまう。本作を読むと、言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月15日

    何げない一言が人の人生を救う瞬間がよかった

    "れんあい"の意味が
    …常には叶えられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと。
    って辞書に書いてあるの知ってるひといた?

    無機質だと思ってた辞書への認識が変わる瞬間でした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月13日

    2012年本屋大賞受賞。
    評判どおり、素晴らしかったです。
    辞書編纂に半生をかける人々の、企画立ち上げから刊行までを綴ったお話。

    「辞書は、言葉の海を渡る舟だ」
    日常何気なく使う言葉がどんな意味を持ち、どのように使われているのか。
    言葉はときとして無力だけど、なんだかすごく言葉の重みを感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月23日

    もう一度、このとてつもない努力をする辞書編集部に入り込みたくなり、舟を編むを手に取りました。
    のめりこんで読み切りました。
    登場人物が皆あたたかく、どうしても泣いてしまいます。
    本を閉じるころには清々しい気持ちになっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    舟を編む

    読み直した。

    気づいたら、2時間夢中で読んでいた。

    2回めの方が、まじめのキャラクターの素直なところ、不器用だけど凄く心豊かで愛情深いところに愛くるしい気持ちになった。そして、西岡さんのさりげない気遣いをしてるのに人にそれを気づかせない、気を遣わせないユーモア溢れるキャラクターが凄く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    辞書作りを通して、「言葉」の持つ力についてとても考えさせられた本でした。キャラクターも個性的で、それぞれの視点から物語が描かれてとても面白かったです!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています