舟を編む

舟を編む

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

ジャンル
出版社
光文社
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

2012年の本屋大賞を受賞し、松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演の実写映画でも話題となった本作。
いつもなにげなーく使っている辞書の裏側に、こんなドラマが潜んでいたとは…!
「辞書」の持つ、愛想のなさやお堅いイメージのせいか、エライ先生たちが事務的にクールに作っていると思っていたのは、どうやら間違いだったようです。
熱い、熱いよ…!
辞書作りに携わる人たちの、なんといきいきとしていることか!
興味のない人間にしてみれば、「あがる」と「のぼる」の違いなんてどうでもいいことだけど、主人公の馬締くんにとっては大問題。融通がきかなくて、クソ真面目で不器用……でも、そこが逆に愛おしい。こういう男はいい女を捕まえるものである…と思ったら、ほらやっぱり。
そう、これは仕事小説としても、ラブストーリーとしても楽しめる、おいしい一冊なのです。
ちなみに、2016年秋にはノイタミナ枠でアニメ化も予定されているそう(キャラデザはなんと雲田はるこ先生!)。(書店員・水玉)

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年02月17日

すごく良かった。最後辞書が完成するところで鳥肌がたった。そんなに波があるわけでなくゆったりと話が進む。その分最後に辞書が完成するところで感動があるのだと思う。私の中で単行本で一番好きな作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月04日

面白かった。

手元にあった旺文社「標準国語辞典 新版」1980年発行にある「おもしろい」の意味は、
①おかしい、こっけいだ
②楽しい、ゆかいだ
③心ひかれる、興味がある
④このましい
であった。

何だかどれもしっくりこないが、しいて言えば③④の複合かな。
もっと長編で読んでみたい衝動に駆られた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月02日

この本に出会えてよかった。

言葉は人の心を理解するためのツールなんだよなぁ、と当たり前のことを思い出させてくれる。

どの登場人物にも共感でき、心が癒される、とても優しい小説でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月30日

胸に熱いものを抱えて仕事をしている人はすごくカッコいいと改めて気づかされた一冊。そして自分も熱いものを持って仕事が出来たら、これほど幸せなことはないだろうと思った。 登場するのはみんな人間臭く、どこか不器用な人たちばかり。私達の周りに必ずいる不器用さんたちばかり。 そこがまた共感できる部分で、読んで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月29日

文庫化された時に勢いで買ってそのまま積読。やっと読みました。でも、映画は見たので、ストーリーは把握済み。映画のキャストのイメージで読みました。
でも、馬締って松田龍平だったんですよね。ダメっぷりから吉岡秀隆のような記憶だったけど。
言葉をつなぐ、辞書という言葉の海を渡る舟を編む仕事。何か知りたいこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play