舟を編む

舟を編む

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
シリーズ
舟を編むシリーズ
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

書店員のおすすめ

2012年の本屋大賞を受賞し、松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演の実写映画でも話題となった本作。
いつもなにげなーく使っている辞書の裏側に、こんなドラマが潜んでいたとは…!
「辞書」の持つ、愛想のなさやお堅いイメージのせいか、エライ先生たちが事務的にクールに作っていると思っていたのは、どうやら間違いだったようです。
熱い、熱いよ…!
辞書作りに携わる人たちの、なんといきいきとしていることか!
興味のない人間にしてみれば、「あがる」と「のぼる」の違いなんてどうでもいいことだけど、主人公の馬締くんにとっては大問題。融通がきかなくて、クソ真面目で不器用……でも、そこが逆に愛おしい。こういう男はいい女を捕まえるものである…と思ったら、ほらやっぱり。
そう、これは仕事小説としても、ラブストーリーとしても楽しめる、おいしい一冊なのです。
ちなみに、2016年秋にはノイタミナ枠でアニメ化も予定されているそう(キャラデザはなんと雲田はるこ先生!)。(書店員・水玉)

舟を編む のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月07日

    まぎれもなく明細です。ドラマでは表現されない良さがある。日本語であそぼ、というのがあるが、日本語の言いえて妙を巧みに使って、面白くしているのか。なんとも、ストーリーも普通で、山場も落ちも意味も無く、キャラ配置も平凡。つまり何が面白いのか全く解らないのに、何故か面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月07日

    シンプルに王道で楽しかったです
    たまにはこういうスリリングさが一切ない、みんな幸せ大団円って感じの本もいいですね
    辞書作りにかける思いにはグッときました
    著者の文章が軽妙洒脱で読みやすかったです。こういう文体好きなので。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月06日

    噂通りとても良かったです!!

    辞書を完成させるのに膨大な時間と人員が必要であるとこを初めて知りました。
    完成まで15年…。脱帽…。

    言葉って奥が深いな〜。

    「情熱に情熱で返す」っていう西岡さんの言葉すごく好きです。

    時間がある時に映画も見てみようと思います!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    言葉という深く広い大海原でも沈まない船を作る。

    言葉の持つ力を改めて感じる。
    やっぱり何かに熱中している人ってかっこよく感じる。

    赤外線通信懐かしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    自分とは全くタイプの違う人間、あまり興味のなかったこと。そういうものだっていつの間にかかけがえのない仲間や一生の宝物になったりするということを如実に表す本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    世界観がとても好きで大好きな1冊
    辞書編纂の弛まぬ努力
    実直さを私も見習わなければと
    いつも思わせてくれる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月05日

    小説なんて小学生以来読んでなかった私に改めて小説の魅力を伝えてくれた本。
    人の心の機微が繊細に描かれていて、私自身も汚い部分、綺麗な部分どちらも含め、こんな気持ちを持っていいんだとどこか自分を肯定してもらえたような気持ちになった。
    そして、単純に辞書作りの過程が私にはとても興味深いものであった。世の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    想像していたよりもずっと壮大な物語だった。辞書に人生の全てを捧げる人の姿に心打たれた。辞書の見方が変わる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    一気読みだった。いい本と巡り会えた。

    本を読むのにあたって、ちゃんと言葉の意味を捉えられているか心配になって辞書を引くなんて全然してこなかったからとても新鮮だった。でも、辞書を引くのに紙の辞書がそばにないことが残念でたまらなかった。紙には紙のよさがある。手間でもちゃんと引かなくては、と思った。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月26日

    言葉に対してこんなにも真剣に取り組む人達がいるのかと驚かされた。
    何気なく生きている日常に溢れている言葉。
    それを意識する事で、その日常の見え方が全く変わってくるのではと考えさせられた1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

舟を編む の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています