舟を編む

舟を編む

660円 (税込)

3pt

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

...続きを読む

舟を編む のユーザーレビュー

2012年の本屋大賞を受賞し、松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演の実写映画でも話題となった本作。
いつもなにげなーく使っている辞書の裏側に、こんなドラマが潜んでいたとは…!
「辞書」の持つ、愛想のなさやお堅いイメージのせいか、エライ先生たちが事務的にクールに作っていると思っていたのは、どうやら間違いだったようです。
熱い、熱いよ…!
辞書作りに携わる人たちの、なんといきいきとしていることか!
興味のない人間にしてみれば、「あがる」と「のぼる」の違いなんてどうでもいいことだけど、主人公の馬締くんにとっては大問題。融通がきかなくて、クソ真面目で不器用……でも、そこが逆に愛おしい。こういう男はいい女を捕まえるものである…と思ったら、ほらやっぱり。
そう、これは仕事小説としても、ラブストーリーとしても楽しめる、おいしい一冊なのです。
ちなみに、2016年秋にはノイタミナ枠でアニメ化も予定されているそう(キャラデザはなんと雲田はるこ先生!)。(書店員・水玉)

...続きを読む
\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    言葉で表すことの大切さ、難しさを改めて感じた。
    器用貧乏でのめり込むものがない、でも変なプライドがある西岡さんに、すごく共感する部分が多かった。配属された先の仕事にどんどんやりがいを感じていく岸辺さんにも共感できた。
    大学時代に一度読んでいたけれど、社会人になって働くということを経験してからもう一度

    0
    2024年05月19日

    Posted by ブクログ

    「言葉は、言葉を生みだす心は、権威や権力とはまったく無縁な、自由なものなのです。また、そうであらねばならない。自由な航海をするすべてのひとのために編まれた舟。「大渡海」がそういう辞書になるよう、ひきつづき気を引き締めてやっていきましょう」
    松本先生から馬締さんへの言葉。
    全編にわたり、美しく熱があり

    0
    2024年05月19日

    Posted by ブクログ

    言語化能力の大切さを感じた。「記憶とは言葉」、すなわち「曖昧なまま眠っていたものを言語化する」ということやなにかを生み出すためには言葉が必要であるという当たり前のことを気付かされた。
    みんなで辞書を作り上げる過程を見ているうちに、自分もその一員になったかのような気がした。

    あと西岡いいやつ

    0
    2024年05月16日

    Posted by ブクログ

    ★4.8/5.0

    周囲におすすめされ続け、ずっと気になっていた作品。
    やっと読むことができました。

    解説でも述べられているように、辞書作りについて書かれているだけなく、それに携わる人たちが特徴的だったので、自分とところどころ重ね合わせながら読みました。
    最初読み始めた時は、辞書の話かぁ、と思って

    0
    2024年05月13日

    Posted by ブクログ

    辞書編集の仕事なんて興味を持ったこともないのに、この本を読んでるとそんな楽しい仕事なんだ…!と興味が湧いてくる。
    自分が知らないだけで、面白いものってまだまだたくさんあるんだろうな。
    登場人物がみんな魅力的で大好き!

    0
    2024年05月13日

    Posted by ブクログ

    有名な小説ですか、恥ずかしながら内容は一切知りませんでした。
    いざ読んでみて、辞書の奥深さを実感。また、辞書作りにかける思いにも心を打たれました。

    0
    2024年05月13日

    Posted by ブクログ

    こんなにも大変な思いをして辞書を作っていたことに驚いた。「日本語」「言葉」というものについて改めて考えさせられた。
    今は分からない言葉が出てきたときインターネットで調べ必要な情報を得られたら満足してしまうが、昔は辞書で調べるのが当たり前だったし子供の頃はヒマな時に辞書を手に取って偶然開いたページを眺

    0
    2024年05月11日

    Posted by ブクログ

    見てから読むか、読んでから見るか。今回は、前者である。BS版を先に視聴して文字通り嵌った。林さんの下の名は、月に纏わるのかと思いきや、まさかの駄洒落とは。笑わされたわ。私も中学時代、正に辞書厨で、一生を辞典編纂に費やす自分を夢想していたので、馬締を他人とは思えない。意外と西岡目線が面白かった。血潮の

    0
    2024年05月12日

    Posted by ブクログ

    テレビを見て、ラジオで辞書の面白さを知り、小学3年生に辞書の使い方の指導に手こずり、そして、この本を読み始め、三日で読み終えた。いや、まだマジメさんのラブレターは読んでいない。かつて身近にあった辞書はなくなり、電子辞書にかわり、今はスマホにたどり着いた。ピンポイントで目指す言葉に辿り着くことになった

    0
    2024年05月05日

    Posted by ブクログ

    TVドラマ観てから、原作であるこちらの作品を読んでみました。辞書作りにかける熱い思いを個性の強い面々から感じて、一気に読み終わりました。

    0
    2024年05月05日

舟を編む の詳細情報

  • ドラマ化

    「舟を編む~私、辞書つくります~」

    2024年2月18日~ NHK BS・NHK BSプレミアム4K
    出演:池田エライザ、野田洋次郎、矢本悠馬

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

舟を編む の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

三浦しをん のこれもおすすめ

舟を編む に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す