宮口幸治の一覧

「宮口幸治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/26更新

ユーザーレビュー

  • ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)
    医療少年院で活躍する精神科医の視点から、非行少年(少女)たちの認知機能を評価した本。
    教育者は読むべき。
    従来の知能テストでははかりきれない知能指数を、新たな評価方法で顕在化するのが良いらしい。
    ラストに書いてあった、納税者を増やそうの下りが納得だった。
  • ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)
    ケーキのイラストにはギョッとしたけど、非行少年と境界知能等、とても興味深い内容。
    ・知能と思索の深さとの関連性
    ・根本的な解決策は勉強ができるようにすること
    ・ありのままの現実の自分を受け入れていく強さが必要
    ・人の役に立つことで自己評価の向上に繋がり、次第に勉強へのやる気も出てくる可能性も
    ・困っ...続きを読む
  • ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)
    この本は知的障害や境界知能(知的障害ではないが支援が必要なレベル)の子どもたちの実態、なぜ非行少年になってしまうのか、そして教育によってそのような非行少年をどう更生させて社会的に生きやすくさせていくかを児童精神科医であった筆者の実際の経験に基づいたリアルな話とともにありありと語られている。

    私がこ...続きを読む
  • ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)
    著者は少年院で多数非行少年を診てきた児童精神科医。近年、刑務所で累犯者に知的障害を始めとした障害者が少なからずおり、矯正とともに福祉的視点が必要であることが知られてきた。少年非行でも同じことがあることを自身の経験から述べられた本。発達障害はブームのようになっているが、軽度知的障害や境界知能が生き辛さ...続きを読む
  • ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)
    難しい表現はなく、理解しやすかった。

    大人も子供も、生きづらいと思ってる人の中には一定の割合で軽度の障害を持つ人がいるのだろうと思う。

    つい自分も当てはまるのでは…?と思って読んでしまったが、いい大人なので自分で何とかする。