どうしても頑張れない人たち―ケーキの切れない非行少年たち2―(新潮新書)

どうしても頑張れない人たち―ケーキの切れない非行少年たち2―(新潮新書)

792円 (税込)

3pt

「頑張る人を応援します」。世間ではそんなメッセージがよく流されるが、実は「どうしても頑張れない人たち」が一定数存在していることは、あまり知られていない。彼らはサボっているわけではない。頑張り方がわからず、苦しんでいるのだ。大ベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』に続き、困っている人たちを適切な支援につなげるための知識とメソッドを、児童精神科医が説く。

...続きを読む

どうしても頑張れない人たち―ケーキの切れない非行少年たち2―(新潮新書) のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    著者は、支援対象者への絶望や、「支援」を理解しない支援者との軋轢等あっただろうに、心が消耗しきってないことがまずすごい。私なら疲れ果てて引退してしまうと思う…。
    1冊目から連なる、支援する側の技術書。読み終わって、最も大切なのは自分の心を殺さないことだと思った。できる範囲で。

    ■マズロー 欲求の5

    1
    2023年03月09日

    Posted by ブクログ

    読み応えがあった。
    頑張らない、と、頑張れない、の違いは何なのか。それらを分けているのは何なのか。
    重要なのは「その人自身」に目を向ける事である。どういったタイプの人間で、何が得意で、何が不得手なのか。それによって支援の形も違ってくる。

    0
    2024年04月07日

    Posted by ブクログ

    560

    非行で誰にも止められなかった少年が少年院で更生した話聞いて、少年院の仕事のすごさに感動したんだけど、この本は医療少年院で働いてた精神科医の本だからそのことが中心に書かれてて興味深かった。こんな素晴らしい仕事をしてくれる所には税金払うのは全然いいと思った。

    0
    2023年04月05日

    Posted by ブクログ

    頑張れない人たち。例えば家庭の問題。生徒の家庭が大変な状態なのに勉強が頑張れるか?頑張れる子もいるかもしれないが、「先生の家が家事だったり、食べ物が全くない状態でも仕事を頑張れますか?」著書の言葉に私もハッとする。「毎日勉強しろと言っても勉強しない」と言う母親には「もしあなたが周りから毎日『もっと痩

    0
    2023年03月18日

    Posted by ブクログ

    関わると面倒な人ほど支援が必要なのは納得感がとてもあるが、同時にかなり協力な認知的不協和を生み出すので、こういった支援や介護といったところに難しさがあるのではと感じてしまった。

    これからはやはり「認知」を知ることが何においてもポイントになってくるような気がする

    1
    2023年03月09日

    Posted by ブクログ

    支援する側へ向けた内容。
    自己評価を上げるには他者からの評価が絶対に必要。
    やる気は達成と承認で生まれる。
    確かにと思った。でも承認ってなんでもかんでも頑張ったね〜ではだめなんだな〜って。わたしもよく子供にいってしまいがちだけども。例えばテストで80点で本人が悔しがってた。でも80点取れてすごいね〜

    0
    2024年03月03日

    Posted by ブクログ

    親に気付いてもらえない障害。何かおかしいと思っていてもそれが障害であることに気付かない、気付いても放置する親たちによってもたらされる悲劇。誰か一人でも向き合って気付いてくれる大人が居たら‥

    0
    2024年02月06日

    Posted by ブクログ

    今回は支援する側のことも多く書かれていて、より身近に感じた。
    非行少年、障害を持つ人に対してだけじゃなく、現代を生きる人はみな、こういう感覚を持っていた方がいいんじゃないだろうか。

    0
    2024年01月24日

    Posted by ブクログ

    前作は支援される子ども側、今作は支援する大人側の話がメイン。間違った声掛けや接し方についても書かれている。頑張るとは何か、「頑張ったら支援する」や「頑張らなくていい」の危うさは考えさせられる。

    0
    2023年11月26日

    Posted by ブクログ

    売らずにずっと棚に置いておきたい1冊。自分が子どもの立場になった時に、大人になんと声を掛けられたらやる気が出るだろうと想像することが大切だと思った。

    0
    2023年10月02日

どうしても頑張れない人たち―ケーキの切れない非行少年たち2―(新潮新書) の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新潮新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング

宮口幸治 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す