ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年07月
サイズ(目安)
4MB

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    非行に走ってしまう人達の中には、正確な検査をしてないから分かってないだけで、知能指数が低い、いわゆる知的障害になるって話し。
    犯罪を犯していなくても、社会にはそういう人が沢山いて、貧困や虐めに苦しんでおり、その為に犯罪に手を染める可能性がある。
    病院などで障害者認定されるかされないかで、その人の人生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月19日

    少年院に収容される多くの少年たちは、何かしらの障害があるために犯罪を犯すということを知った。ただ、なかなか気づかれにくい、軽度知的障害や境界知能者など、表にはわかりづらい人が多くいることも知った。ただ日本の矯正プログラムが実態に合っていないということには驚いた。これでは、再犯が止まらないだろうという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    感想ですが

    明ける 2021年07月09日

    28歳、おそらく境界です。。
    辛さの集約でした
    これからどうしたらいいんだ…?
    こんなに沢山の人が買って
    読んでいるのは自分と同じような人たちなのだろうか??

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月18日

    障害のある子どもが通う療育施設で勤めています。

    うちに来ている子たちは、親が子の発達課題に気付き、支援を望んで通っている。きっと、うちのような施設と縁がなく、親も気づかず(または認められない)、生きづらさを抱えたまま生きづらい環境で育ってしまった子たちが、ケーキの切れない非行少年になってしまうのだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    根深い

    ねこちゃん 2020年12月11日

    あまりにも根深くて、地道な導きが必要なんだと思いました。
    基本がわからない以前の問題。
    まわりにも勧めました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    講義で教われないこと

    かにゃまんま 2020年08月07日

    教員をしています。この本で書かれていることを知らずに過ごすことで、どれほどたくさんの子どもたちのSOSを見逃してきたのかと思うと、より学んでいかなければならないと身に染みました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    多く教育者に読んでもらいたい

    またを 2020年01月08日

    困っている子どもは見つかる。
    本人は何に困っているかわからない。
    でもその困り感を取り除いてあげることで楽に生きることができるだろう。
    最後に書いてあったように、まずそれを担うのは間違いなく学校。
    非行を犯し、少年院で反省する前にできることがある。
    教育や学習の力を信じたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月07日

    この本の帯には「丸いケーキを3つに分ける」というタスクに対して医療少年院入所者が描いた明らかに大きさが違う分け方の図が掲載されていて、それがタイトルの意味を雄弁に語っています。

    少年院で数百人の非行少年と面接をしてきた著者による、彼らに共通する「特徴5点セット+1」とは。
    認知機能向上を支援するト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    発達障害、知的障害、確かに生きづらさを感じているだろう。そういった方も自分らしく生きられる世界が望ましいと思う。
    ただ、犯罪被害者の気持ちも考えると、厳罰でのぞむのも致し方がない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月17日

    怒りを同情に変えることが本書の目的として冒頭に述べられていたのが印象的。怒りは冷静な思考をとめる、とも。犯罪を起こしても反省できない(反省するための能力を培うことができていない)という新たな知見を得ることができよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています