ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月11日

    犯罪者は罪だと知っていて悪に手を染めると思い込みがちだが、境界知能や色々な要因で認知が歪んで自覚以前の状態であるということが衝撃だった。
    人間誰しも思い込みや融通の効かなさ、自制の欠如や認知の歪みがあるかもしれないが、重度になると社会から落伍して加害者になる。
    これを啓発するだけではなくトレーニング...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    講義で教われないこと

    かにゃまんま 2020年08月07日

    教員をしています。この本で書かれていることを知らずに過ごすことで、どれほどたくさんの子どもたちのSOSを見逃してきたのかと思うと、より学んでいかなければならないと身に染みました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    多く教育者に読んでもらいたい

    またを 2020年01月08日

    困っている子どもは見つかる。
    本人は何に困っているかわからない。
    でもその困り感を取り除いてあげることで楽に生きることができるだろう。
    最後に書いてあったように、まずそれを担うのは間違いなく学校。
    非行を犯し、少年院で反省する前にできることがある。
    教育や学習の力を信じたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    題名と表紙のインパクトは凄いですが、現象面はあくまで序章(とはいえ、読者の大半は私も含めて教育職ではないからこっちが読みたいわけだけど)。本題は6章7章ですね。
    褒めればいいわけではなく、自尊感情の低さを問題視するだけでは解決しない。それをふまえた提言は、この本が大ヒットしたことも相俟って、生かされ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月13日

    非行に走る少年の実情がわかった。見落としがちなIQの問題に言及してあり、我々の誤解にも気付かされる内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月13日

    児童精神科医である筆者が、医療少年院にて非行少年を観察する中で得た気づき、すなわち、非行少年の多くに共通する特徴として認知機能の低さが存在し、それがどのように少年のパーソナリティや行動に影響しているかを、著者の洞察をもとに説明されている。また、本書の最後には対策としての教育現場への提言が述べられてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月11日

    非行少年に共通する認知能力の欠如というのはすべての人が知っておくべきだと思った。悪いことを悪いと思ってやってるわけではない。社会としても個人としても理解を持ちたいと思った。


    以下メモ

    ・認知能力が著しく低く、そもそもちゃんと見えたり理解できない場合がある(簡単な図形を写せない、短い文章を復唱で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    到底理解できないような少年犯罪が絶えないが、加害者となった彼らもこの世界のことを「到底理解できない」と思い、生きづらさの行く末にあったのが犯罪だったのだと想像すると、いたたまれなくなった。悪を悪と決めつけて糾弾するのではなくて、まずは同じ人間の立場で想像する、私たちがしなければいけないことはそういう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    少し前の、刑務所が介護施設になっている、という新聞記事を思い出してしまった。
    障害のせいで、人間関係が苦手でどこにも居場所が無い少年たちは、容易に犯罪を犯しがちのようだ。
    その子に合った教育は手間もコストもかかるが、実は犯罪者を減らすことは、社会的にコストに見合う事、というのも発見だった。
    犯罪を犯...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    "教育の敗北"は非常に刺さる。
    学力よりも社会性が最も求めらる世の中で、その教育がなされないのはおかしい。
    学校空間で学んでこれなかったのに、仕事場面において特にその社会性が求められる。そんなの誰でもきついんじゃないかな。

    p125
    「問題なのは自尊感情が低いことではなく、自尊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています