境界知能とグレーゾーンの子どもたち

境界知能とグレーゾーンの子どもたち

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「子どもの行動に関心のある大人すべてが今スグ読むべき一冊」養老孟司さん絶賛!

50万部超の大ベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』の著者による生きづらい子どもたちを救う“具体的な対応策”

近年よく取り上げられる「発達障害」や「知的障害」の子どもに関する書籍は多数あります。
しかし、発達障害や知的障害とは診断されないものの、生きづらさを感じている子どもたちがたくさんいるのを知っていますか?

IQ69以下の知的障害には該当しない一定の支援が必要な「境界知能」や何かしらの課題があるけれどはっきりした原因や状態がわかりにくい「グレーゾーン」と位置づけられる子どもたちのことです。

本書は教育現場や家庭で見逃されがちな彼ら、彼女らへの具体的な対応策を、困っている子どもたちの支援を行う「日本COG-TR学会」を主宰する著者が漫画でわかりやすく紹介しています。

「境界知能」とは?
・昔は知的障害と定義されていたIQ70~84の人・35名のクラスに約5人いる・日本人の7人に1人・平均的な子の7~8割くらいの発達年齢

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年09月04日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
134MB

境界知能とグレーゾーンの子どもたち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年07月08日

    読みやすくわかりやすい入門書。
    どこかで、精神科が絡むような教育関係の本はイラスト化したほうがいい、という情報を得た。
    イラストにしたほうが文書のみより、読み手に与えたい情報を深く強調することができる気がするし、さくっと読めるので負担が少ない。通勤のお供になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    とてもわかりやすかった
    自分の子に当てはまるケースが複数あったし、実践できる対策もきちんと紹介されていた
    できればもう少し対策の詳細が知りたかったがコミック形式ではこれが限界だと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月31日

    整理整頓が苦手、
    すぐに被害的になる、
    よく嘘をつく、
    人の気持ちがわからない、
    行動が遅いなど様々な
    グレーゾーンの子達がいる。

    子供たちの考えや背景を見極め、
    個別の対応が必要となる.

    マズローの5段階説。
    やる気は自己実現の欲求

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月01日

    2021/06/01
    入門書としては、かなり優れた一冊になっている。マンガの内容も短くまとめられており、理解しやすかった。

    本書では、小学生年代のケーススタディを扱っていたが、困難を抱える子どもは中高生にもいる。そんな子どもたちの支援にも役立てられる方法が載っていた。

    大人の社会にも、困難を抱え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    分かりやすい。文章では読み手によって意図しない方向に理解されることを知り、まんが化を考えたことが書いてありましたが、著者の判断は合ってると思います。ただまんがで書いていることだけで判断されるとまずいので、読み手が気を付ける必要あり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月22日

    子どもたちの「困った!」がどこから来てるものなのか…
    ただ単に努力だけでは解決しないこともあるし、本人は頑張っているのに、どうしようもないこともあるんだなぁと考えるきっかけになった。
    それを踏まえて、周囲の人達がどんな関わりをしていくのかが要なんだなと思った。
    言うのは簡単だが、実際に行っていくには...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月17日

    具体的な支援方法も書いてあるが、つまるところの「困ってる子の背景を考えよう。その子にあった支援を考えよう。」ということ。【困った子】は周りを困らせる子ではなく、周りの環境に合わせられずに困っている子のこと。教師は一人ひとりを見取る力やそれを解決する知識が必要。当たり前だけどこれが一番難しい。最善を見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    問題行動を掘り下げて根本になる理由を探す、という考えは参考になる。
    漫画でわかりやすいけれど、結局どうしたらいいの?という気持ちになる。
    いろんな種類の障害がある。それに気付ける親になりたい。
    話をきかない子は聞く力が弱い可能性がある→聞こえないとかではなく一度に何語も処理できない
    など、できて当た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月15日

    「こういう子どもの問題行動も実は発達障害なのかも」と気づくきっかけにはなると思う。ではどうしたらいいかという対策や支援については少ししか触れられていないので結局はプロによる診断や療育等をうけなければならない。この本のように教師が気づいて積極的に支援してくれるというのは稀なので(発達障害の可能性を指摘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    もっとみんなに知ってほしい

    totororo 2022年02月24日

    世の中では気づかれていないけど、境界知能の子どもが多くいるのではと思います。
    「知能」とはとてもデリケートな問題ではありますが、得手不得手をちゃんと理解して、その子らしく生きられるようなサポートを考えていくことが大切であると思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

境界知能とグレーゾーンの子どもたち のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 境界知能とグレーゾーンの子どもたち
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 「子どもの行動に関心のある大人すべてが今スグ読むべき一冊」養老孟司さん絶賛! 50万部超の大ベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』の著者による生きづらい子どもたちを救う“具体的な対応策” 近年よく取り上げられる「発達障害」や「知的障害」の子どもに関する書籍は多数あります。 しかし、発達障害や知的障害とは診断されないものの、生きづらさを感じている子どもたちがたくさんいるのを知っていますか? IQ69以下の知的障害には該当しない一定の支援が必要な「境界知能」や何かしらの課題があるけれどはっきりした原因や状態がわかりにくい「グレーゾーン」と位置づけられる子どもたちのことです。 本書は教育現場や家庭で見逃されがちな彼ら、彼女らへの具体的な対応策を、困っている子どもたちの支援を行う「日本COG-TR学会」を主宰する著者が漫画でわかりやすく紹介しています。 「境界知能」とは? ・昔は知的障害と定義されていたIQ70~84の人・35名のクラスに約5人いる・日本人の7人に1人・平均的な子の7~8割くらいの発達年齢
  • 困っている子を見逃すな マンガでわかる境界知能とグレーゾーンの子どもたち2
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 友だちに乱暴する、計算が苦手、漢字テストができない……etc. なぜこの子は「普通」でないのか? 80万部超の大ベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』シリーズの著者による 弱さのある子どもたちに必要な“正しい理解と効果的な支援策” 近年よく取り上げられる「発達障害」や「知的障害」の子どもに関する書籍は多数あります。 しかし、発達障害や知的障害とは診断されないものの、生きづらさを感じている子どもたちがたくさんいるのを知っていますか? IQ69以下の知的障害には該当しない一定の支援が必要な「境界知能」や何かしらの課題があるけれどはっきりした原因や状態がわかりにくい「グレーゾーン」と位置づけられる子どもたちのことです。 本書は教育現場や家庭で見逃されがちな彼ら、彼女らへの正しい理解と効果的な支援策を、困っている子どもたちの支援を行う「日本COG-TR学会」を主宰する著者が漫画でわかりやすく紹介しています。 「境界知能」とは? ・昔は知的障害と定義されていたIQ70~84の人 ・35名のクラスに約5人いる ・日本人の7人に1人 ・平均的な子の7~8割くらいの発達年齢 【目次】 ◎第1章 学習の土台ができていない子を見逃すな CASE17 漢字テストが苦手な子/視覚認知の弱さを見逃すな CASE18 計算が苦手な子/数の理解の弱さを見逃すな ◎第2章 身体が不器用な子を見逃すな CASE19 手先が不器用な子/協調運動の弱さを見逃すな CASE20 力の加減ができない子/ボディ・イメージの弱さを見逃すな ◎第3章 境界知能とグレーゾーンの子を見逃すな 事例を準備しよう 事例について深めよう 子どもの視点で考えよう 支援策を考えよう ◎第4章 非行化の背景を見逃すな<非行編> 家庭の背景を知ろう 協働しよう 少年事件の流れを知ろう 子どものサインを見逃すな
  • 生きづらい子をあきらめない マンガでわかる境界知能とグレーゾーンの子どもたち3
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 120万部超の大ベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』シリーズの著者による 少年院のプログラムから学ぶ“うまくいかない子”が生きやすくなる超実践的な教育法 「少年犯罪は断罪では解決しない。矯正のリアルがわかる1冊」和田秀樹さん推薦! 子どもを加害者にも被害者にもしない! ・すぐにキレてしまう子→怒りをコントロールする練習 ・柔軟に考えられない子→問題解決トレーニング ・集中力がない子→認知機能強化トレーニング 【目次】 第1章 少年鑑別所入所から少年院入院までの流れを知ろう 第2章 医療少年院の生活を知ろう 第3章 少年院教育を知ろう 第4章 見学報告会でまとめよう ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

扶桑社BOOKS の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング