「坂井希久子」おすすめ作品一覧

「坂井希久子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • リリスの娘
    久しぶりに坂井希久子さんの本を読みました。ほかほか蕗ご飯、虹猫喫茶店、ウィメンズマラソン、ハーレーじじいの背中など幅広いジャンルを手掛けておいでですね。今回読んだのは、「リリスの娘」(2017.6)です。リリスの意味がわからなかったので調べると、男性を凌辱する女性(の悪霊)、のような意味でしょうか・...続きを読む
  • ハーレーじじいの背中
    一言で言いますと面白かったですw。少し「粗」な気もしますが、それがまた魅力な気がして、これから益々期待が膨らむ作家さんです。1977年生まれの坂井希久子さん「ハーレーじじいの背中」、2016.3発行です。少し中だるみがありましたが、何よりテンポがいいです。68歳でハーレーを駆使するおじいさんと孫娘1...続きを読む
  • ハーレーじじいの背中
    青春家族小説。またはじじいと孫娘の珍道中かな。
    家族設定がキモです。孫娘とツーリングって憧れるな~。いや、娘と一緒でもいいんだけど。
    慣れないとお尻痛いんですよね。娘が小学校の時に豊明~香嵐渓が一番長く後ろに乗ってくれた記録です。以降怖いって言って乗ってくれませんでした。
    話の本筋には全然関係ないん...続きを読む
  • 恋するあずさ号
    こういう文体の小説を読むのが久しく、新鮮だった

    解説にあるように、確かに「それどうよ?」と思う身勝手な言動や行動が主人公に見受けられるけど、人間パニックになったり冷静な判断ができない時ってそうなるものよね、と主人公に感情移入できたのは、心理描写がリアルだったから。
    幸せな展開に胸がスキっとなった。...続きを読む
  • こじれたふたり
    読後にまず思い浮かんだのは、「おもしろうて やがてかなしき フェチ男かな」という言葉。
    女のハイヒールに踏みつぶされることに性的快楽を覚える大学教授と、彼に亡き父の面影を重ねる女子大生。花粉症対策のため、おなかにサナダムシを飼おうとする彼氏と、それを阻止しようとする彼女の攻防。ある日突然ヌーディズム...続きを読む