「三浦しをん」おすすめ作品一覧

「三浦しをん」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/05/26更新

ユーザーレビュー

  • ののはな通信
    全編書簡形式という小説を読み切れるか少し不安におもったのだけれど、まったくの杞憂だった。さすがはしをんさん、ぐんぐん読ませてくれる。他の小説で書かれる待ち遠しいくらいうつくしい比喩は鳴りを潜めているが、前触れなくあらわれる一文の清らかさ、うつくしさといったらもうない。噴き出るように、涙が出るほどであ...続きを読む
  • 舟を編む
    何かに立ち向かうとき、必ず読み返す本というのが私にはあって、この本はその中の一冊。
    どこまでも「ことば」に貪欲な人たちが、まさに人生をかけて辞書をつくりあげていく姿は、これでもか!と私の胸をうつ。

    諦めるとか逃げるとか、そんな選択が存在しないかのような本気の物語だと思った。
  • ののはな通信
    すごくかわいい装丁の本。
    その本のタイトルからしてかわいい。「ののはな通信」
    内容はふたりの女子高生の文通・・・かわいい・・・・か?女子高生、リリカルな面しかないか?
    女子高生でかつてあった人間は、ちょっと考える。
    しかも、三浦しをんさんの女子高生というと、思いつくのは「秘密の花園」のあのねっとり感...続きを読む
  • 木暮荘物語
    小暮荘を取り巻く、一人一人の濃密な物語。

    表面的には性がモチーフ。ドタバタ、静謐。おちゃらけ、真剣。あっちかと思うとこっちに。

    人間が愛おしくなる。真剣に生きようと思える。

    引き出しの多い、意外性が持ち味の三浦しをんらしい作品だった。

    光子とはるかの話しはグッときました。
  • 舟を編む

    良かった

    映画上映された時話題になっていたが、スルーしていた、あるきっかけでアニメ版を観てなんとなく原作本を購入して読んで凄く世界感が素敵で読んでいて楽しかったです。

特集