三浦しをんの一覧

「三浦しをん」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/05/22更新

ユーザーレビュー

  • 舟を編む
    三浦本のお仕事小説は本当に面白い。重すぎず軽すぎず、ツラくなくて、ちょっと良い話。中心線は『大渡海』という辞書を作るストーリーで今作の主役が両親が和歌山県出身のまじめなマジメ(馬締)という(株)玄武書房に勤める青年。彼が、辞書編集部に引き抜かれるところあたりから始まり、多くの気のいい変人たちと一緒に...続きを読む
  • 舟を編む
    好きが高じて仕事にした人たちの物語。
    世の中に星の数以上ある言葉を集め、編纂する人たちの信念を感じることができた。
    ノートを用いて、日常生活でも思ったことをメモする教授の姿勢には自分も彼のようにと発奮させられる。
    本末に記載されていた彼の恋文には読み物としての興味深さと読み手の理解を無視しているなぁ...続きを読む
  • 愛なき世界
    読み終わった後、しばらく余韻に浸っていました。

    今でも、自分が体験した事のように
    キラキラした思い出しとして記憶に残っています!
  • 舟を編む
    大学生も終盤、小学校の時はあれほどに読書が好きだったのに、いつしか本からネットの世界に移り住み、活字離れしていた私が久々に手に取った本のひとつ。
    「映像も一緒に見れるから」「私は視覚から入るタイプだから」などと言って読書してこなかったことをとても後悔するほどに、言葉を読むことの大切さを教えてくれた1...続きを読む
  • 愛なき世界
    藤丸くんと一緒に、T大のキャンパスに入って本村さんたちの研究を見聞きしたようでわくわくした。
    青井秋さんの美しい挿絵もあり、新聞での連載時からずっと楽しみにしていた作品。読むのが惜しく買ってからずいぶん寝かせてしまって、やっと読み終わった。

    取材の依頼を受けて書き始めたと聞く本作。『舟を編む』と...続きを読む