マナーはいらない 小説の書きかた講座

マナーはいらない 小説の書きかた講座

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

作家・三浦しをんが「小説」を真正面から考えた――。「小説を書くのは自由な行い」。だがしかし、「ここを踏まえると、もっと自由に文章で表現できるようになるかもだぜ!」。長編・短編を問わず、小説を「書く人」「書きたい人」へ贈る小説の書きかた講座。人称、構成、推敲など基本のキから、タイトルのつけ方や取材方法まで、本書タイトルにあやかって「コース仕立て」でお届けする大充実の全二十四皿。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社単行本
ページ数
272ページ
電子版発売日
2020年11月12日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
5MB

マナーはいらない 小説の書きかた講座 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月23日

     三浦さんが『WebマガジンCobalt』で連載していた『小説を書くためのプチアドバイス』を、単行本にまとめたもの。
     全24章、コース料理に例えています。マナーはいらないというのは、「小説を書くのは自由な行いだから、細かい作法とか気にしなくてオッケーだぜ!」という三浦さんの思いのこもったタイトルだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月20日

    三浦しをんさんによる、小説の書き方についての本です。
    私は三浦しをんさんの小説が好みで、「この作品がどうやって作られているんだろう?」という動機で読み始めました。
    小説家を目指す人にとっても、そうでない人にとっても楽しめるエッセイ形式で、WebマガジンCobalt(コバルト)にて連載されていたものを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月16日

    愛なき世界からどはまりした三浦しをんが、
    小説の書き方の本を出してるなんて!と即購入。
    自身も最近小説を書いて発表するようになり書き方に悩んでいたので藁にも縋る気持ちで購入。

    ……三浦しをんって、こんなに面白い人なの!!

    自身の作品のネタバレをしながら解説したり、
    アイデアの出し方や上達の仕方を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月01日

    貴志祐介さんの書き方の本も拝読しましたが、三浦しをんさんは伴走しながら書き方を教えてくれる本でした。脱線したエッセイ部分が三浦さん節炸裂していてエッセイとしても面白い本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月10日

    趣味で小説…というか物語というか、を書いていて「もっと上手になりたい!」と思い始めたので。

    まず、読みやすく受け取りやすい!押しつけがましさがなくて、多分三浦しをんさんの性格に好感を(共感かも?)持てるから素直になるほど〜と読んでいける。
    なんとなく、小説って一番大事なのはセンスと感性なのかなと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月22日

    小説を書きたい人と、ハイローが好きな人にオススメの本。

    小説の書き方について、
    一見バラバラですが、わかりやすく説明されており、
    どの書き方の本よりも参考になりました。

    ハイローを知ってると、クスッと笑えます。
    私はファンではなく、映画を一作観た程度の者ですが、それでも笑えました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月27日

    とても軽い語り口で書き方講座という観点を置いておいて、エッセイを読んでいるような気分でも楽しめた。説明も納得のいく話が多く、なんだか自分も書いてみようかなと思ってしまう。
    読み手に伝える工夫と、あとは情熱というのが主か。

    紙質が少し変わっていて、つるつるした感じで質が良さそうだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月13日

    堅苦しい小説の書き方本というよりもエッセイ寄りで読みやすかった。
    小説を書くにあたってどのようなことが考えられているのかが学べて、小説を書かない人も楽しめる1冊。
    時に厳しい指摘もありつつ、一貫して「あなたらしう、楽しんで書く」というメッセージが伝わり、三浦しをん先生の小説への愛情が感じられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月09日

    三浦しをんさんによる、小説の書き方フルコース。さまざまなコースメニューをいただきながら、小説を書く上で知っておいた方がよいコツや心構えなどを学べる。
    でも、好きに書けばいいから、ほんとに!という著者の思いがタイトルに詰まっていて、優しさに溢れた一冊。
    楽しく読めたし、書いてみたくもなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月19日

    小説の書き方講座という副題がついているが、堅苦しいものではなく、エッセイとしても楽しめる。

    小説を書きたい人、書いている人、三浦しをんファンの方(作品の創作秘話=ネタバレあり)はもちろん、作家が何を考えながら書いているのか知りたいという読書家の方にもお薦め。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社単行本 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング