『罪と罰』を読まない
  • ptバック

『罪と罰』を読まない

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

308pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

未読者(みどくもの)四人による前代未聞の愉快な読書会

ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことのない四人が果敢かつ無謀に挑んだ「読まずに読む」座談会。
前半では小説の断片から内容をあれこれ推理し、後半は感想と推しキャラを語り合う。
ラスコ(ーリニコフ)、スベ(スヴィドリガイロフ)、カテリーナ……溢れるドスト愛。
「読む」愉しさが詰まった一冊。

解説マンガ・矢部太郎

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年07月10日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

『罪と罰』を読まない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月18日

    世界的名作を未読のまま作家たちが語るという特異な状況で、作家各人も個性と才能がぶつかり合う。思ったよりずっと面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    このような切り口で海外の名作を紹介する面白さ。うろ覚えの記憶と、しをん嬢の妄想も交えて『罪と罰』が語られた。ラズミーヒンの語感から馬を連想して、はては「おーい!はに丸」へと繋がり、「はにゃ~」って馬は喋りませんから! 思わず出先なのに噴き出してしまった。後日、4人の作家が忙しい中で『罪と罰』を読んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月26日

    名作「罪と罰」を読んでない4人で、「罪と罰」の読書会を開催、どんな内容なのか予想し合い、読んだ後に再度本当の読書会を開く、という内容。
    おっもしろーい!すぐ読み終えた。
    「罪と罰」(というかドストエフスキー)って読書好きとして読んでないとどうなのと思い、挑戦するも挫折のパターンがまあまあある本だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月16日

    『罪と罰』を読まないで「『罪と罰』を読まない」を読む!むしろ読まないで読んだ私のほうが読んで読まないを読んだ人よりも読めたのでは(嘘です)。文庫のあとがきと矢部太郎の漫画もお得で、「罪と罰を読まない」を読まないで文庫で読んだ私ってラッキー、みたいな…♪ まずは分かってたけど三浦しをんの三浦しをんらし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    いやはや、こんな風に読書会ができるなんて知らなかった。何となく分かっている情報だけで、どんなお話かを推測しながらあれやこれやを想像し、きっとこんなお話しになっているに違いない、と語り合う集い。登場人物の性格や主人公との関わりをも練り上げる辺り、職業作家・翻訳家さんならでは。
    全体の進行を追うと、三浦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月16日

    ドストエフスキーの『罪と罰』を未読の4人が、『罪と罰』を読まぬまま、ストーリーを予想し、語りあう読書会の記録。

    このコンセプトを聞いたときに「なんて無謀で面白そうな…」と思い、文庫化されたのを機にいつか読むべく購入、積読。で、やっと読み終わりました!
    読みながら何度噴きだしたものか。声をあげて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    衝撃でした。本は「読んで楽しむ」ものだと思っていましたが、「読まずに楽しむ」こともできるなんて……!

    ドストエフスキーの世界的な名作、『罪と罰』を読まない人生を歩んできた作家4人が集結。

    本書前半では、『罪と罰』にまつわる4人の断片的な知識と、ランダムに選んだ数ページ分の本文だけで、物語の展開を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月22日

    ある程度は予想していたことだったが
    それを遥かに越えて4人の「未読会」が自由で、
    声を出して笑いながら読んだ。

    わたしの「本を読む」体験も
    これから、より豊かでより自由なものになりそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    面白かったー!!
    みんなが話してる内容を読んでる間にわたしも罪と罰を読みたくなって、読んだあとの話に読めばよかったー!てなりつつ、あとがきに、読書の楽しみを再確認。読書は楽しい、そしてみんなで読むと話すとそれも楽しい。
    読み方感じ方にも、読書を楽しむ方法を教えてもらった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    私には、難易度が高い本でした。罪と罰に登場してくる人数が割と多いのと、カタカナになので、メモしながら読み進めました。1度でなく、何回も読み直したい本でしたが、しばらくはいいかなって感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています