『罪と罰』を読まない

『罪と罰』を読まない

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

未読者(みどくもの)四人による前代未聞の愉快な読書会

ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことのない四人が果敢かつ無謀に挑んだ「読まずに読む」座談会。
前半では小説の断片から内容をあれこれ推理し、後半は感想と推しキャラを語り合う。
ラスコ(ーリニコフ)、スベ(スヴィドリガイロフ)、カテリーナ……溢れるドスト愛。
「読む」愉しさが詰まった一冊。

解説マンガ・矢部太郎

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年07月10日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

『罪と罰』を読まない のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月09日

    すごくおもしろかったです!何やってんだこのひとたち…(もちろんいい意味です)といういとおしい呆れ、ところどころ鋭い考察というかちゃんと読んでいる。作家の人たちはこうやって本を読むのか、とふむふむした。わたしもカタカナ名前が覚えられないがちだけれど、こうやって楽しくあだ名をつけて読んでいくといいのだな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月23日

    しをん先生がとても好きなので読んでみよう、と軽い気持ちで読み始めたけどとても面白かった。
    知識と語彙が豊富な4人の語り手によって考察される罪と罰、自分も読んだことは無かったがこれを読んで読んでみたい!と思った。
    なんだか難しそうな話だと敬遠していたが、人が楽しそうに話しているとなんとなく読んでみたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月11日

    4人の会話が余りにも面白く、沢山笑ってしまった

    この本にあわせて、ドストエフスキー『罪と罰』光文社古典新訳の全3巻を読んだ。
    どちらもサクサク読めて、非常に面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月02日

    過去に『罪と罰』を読んで、ラスコーリニコフってなんてウザい奴だと思った記憶しかないのだけれど、
    本書でも全会一致でウザい奴認定されていておかしかった。
    名前が長いので「ラスコ」としか呼んでもらえず、挙句の果てにドストエフスキーと混ぜて「ドスコ」などと呼ばれている。

    本書の趣向は秀逸だ。読まない読書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    いやー面白かった。はまるはまらんはあるにしろ、与太話って一番おもろいよね。しかも、作家さん4人が与太話するんだから、笑わずにはいられない。小説を書く人は、こんなにイメージや物語を膨らませるんやなと勉強にもなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    職業柄、罪と罰を読んでないって大きな声で言いにくいけど、読んでない4人が、読まないであーでもないこーでもない、一部読んでさらにあーでもないこーでもないと。
    そして、読んでからまた集まって。
    罪と罰を読みたくなるような、というよりも、この仲間でお喋りしてるのを横で聞いてるのが面白いって感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    職場のひとに紹介してもらって読んだ。「罪と罰」は学生時代に一度読んだけど、そんなことはどうでも良くなるぐらい4人の会話に始終笑ってしまった。暴走気味の想像を立て続けに繰り出す三浦しをんさん、それを膨らます岸本佐知子さん、15分の子供向け影絵を見たことがあり時々ドヤりつつ知識を披露する吉田浩美さん、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月01日

    『罪と罰』を読まずに読む。

    まず自分も『罪と罰』を読んだことがありません。確か主人公は若い男で老婆を殺す話だったはず。それくらいしか知りません。というわけで前半の推理合戦も、後半の読後感想も楽しく読み、『罪と罰』読みたい、と思いました。色々なキャラクターが気になります。これは読むしかないのでは?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月18日

    いやこれ、めちゃくちゃ面白かった。
    世界的名作、ドストエフスキー作の『罪と罰』を読んだことのない作家4人が、持っている知識(断片的)を駆使し、出版社の人にヒントをもらいながら、作品の内容を想像(妄想)し語り合う企画を書籍化したもの。

    企画からして既にかなり面白そうなのだが、なまじ作品構成や小説づく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月07日

    ひとつの本でこんなに語りあえるなんて。読む前の妄想満点の会話に噴き出し、読んだあとの感想戦や読み解きに唸らされる。その後の後書きで、数年後には皆すっかりうろ覚えになっていたとの記述に、それで良いんだと安心。
    ステキな会話に加わった気分で楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング