岸本佐知子の一覧

「岸本佐知子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/04/21更新

ユーザーレビュー

  • 掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集
    「エンジェル・コインランドリー店」4
    「ドクターH.A.モイニハン」5
    「星と聖人」5
    「掃除婦のための手引き書」5
    「私の騎手ジョッキー」5
    「最初のデトックス」5
    「ファントム・ペイン」4
    「今を楽しめ(カルペ・ディエム)」5
    「いいと悪い」5
    「どうにもならない」4
    「エルパソの電気自動車」4...続きを読む
  • すべての月、すべての年 ルシア・ベルリン作品集
    全ての音が遮断された深い海の中を潜っているようだ。そういう瞬間を切り取った表題作の短編が比喩のようだが、その実、ルシアベルリンの作品そのものである。

    それぞれの作品の読後は、静止して、ページを閉じたくなる。悲哀。しかし、これから生きていけそうな、現実に向かい合っていくしかないという覚悟、諦めが根底...続きを読む
  • 掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集
    この本を手にとった人は、まず、2つのことに強く興味を惹かれる。1つは、表紙写真のルシア・ベルリンの美貌に。もう1つは、帯に書かれた彼女の人生の波乱万丈ぶりに。
    1936年アラスカ生まれ。父の仕事の関係で、北米の鉱山町やチリで育つ。3度の結婚と離婚を経て、シングルマザーとして4人の息子を育てる。学校教...続きを読む
  • すべての月、すべての年 ルシア・ベルリン作品集
    ルシア・ベルリンの物語はどれも最初の一行目から
    行ったこともない時と場所へ連れていかれ、そこに居る登場人物に話しかけられ、巻き込まれ、戸惑ううちにいきなり私ひとり現実にポツンと戻された感覚で我にかえる。びっくりするし、あまりの救いのなさに同情したり、ああ良かった!と大笑いしたり
    ため息のひとつもつき...続きを読む
  • すべての月、すべての年 ルシア・ベルリン作品集
    『だがそれほどにぎやかに人物たちに彩られていながら、彼女の書くものにはつねに孤独がぴったりと貼りついている。〈一年に一度くらいは会って、それはそれは楽しいけれど、すでに息子たちの人生の中にわたしはいないのだとわかる〉あるところで彼女はそう書いた。〈わたしがここまで長生きできたのは、過去をぜんぶ捨てて...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!