いちばんここに似合う人

いちばんここに似合う人

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

水が一滴もない土地で、老人たちに洗面器一つで水泳を教える娘。英国のウィリアム王子をめぐる妄想で、頭がはちきれそうな中年女。会ったこともない友人の妹に、本気で恋焦がれる老人――。強烈な個性と奇妙な優しさに満ちた16の短篇を、物語の声にぴったりと寄り添う岸本佐知子訳で。フランク・オコナー国際短篇賞受賞。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮クレスト・ブックス
電子版発売日
2019年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2015年11月25日

    他人の生きざまを知るということが、これほど自分を、そして自分と関わってくれるすべての人を救ってくれるとは。孤独に、けれど「何か」を追い求めるそれぞれの主人公が、目の前を通り過ぎていく。私には彼らが何をしたいのか、何が目的なのか分かっている。自分のことは分からないくせに。
    それでも、そのヒントを垣間見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月19日

    ​プロット、表現、文の瑞々しさが素敵。
    そして、ここでその言葉をこう並べるんだ、こう入れてくるんだ、みたいな楽しさ。
    内容は、孤独で、愛が欲しくて、大半の人からはちょっと引かれてしまうであろう人たちのお話。
    だけど結局みんなこんなもんでしょ。みんな痛々しい大人だ。誰だって誰かに引く権利なんてないのだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月22日

    読んでるうちにどんどん感情が湧き出ててきて心が引き裂かれる思いがした。でも読み終わった後に「でもあまりに寂しい。確かにこれが人間だが、私はこれだけの人間を見たくない。」もうお腹いっぱいしばらく結構。と感じたのは何故か?
    何故ならこれは私たちが目にしたくない部分だからだと感じた。ここに私自身見ないふり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月18日

    理不尽でとりとめのない、およそ自分の現実からは離れたストーリーなのにああそうそうと思うところがたくさんあった。読んだ自分のその時の感情も反映されて、印象深い一冊になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月26日

    短編集。
    日常の何気ないほつれとか、その逆の抗えない大きな波をそれぞれの苦悩として切り取られている。
    とくに気に入ったのが何篇かあったんだけど今手元に本がないのでタイトルが思い出せない。文庫みたいな小さいのになったら購入します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月21日

    例えばその人が職場の同僚だとしたら、同僚としてそれなりに接しつつも何となく遠巻きに見てしまうだろう。結果その人は仲間はずれとまではいかなくとも何となく浮いた存在となる。この短編集に登場するのはそんな人物ばかりだ。
    そして読み進めるうちに気づく。ああ、この人は自分なのだと。誰の中にも多かれ少なかれ「イ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月09日

    今の安定していない自分にとって天から降りてきたような短編集だった。
    とても、勇気づけられたし、もっと、この本に浸りたかった。

    けど、読み終わった瞬間自分は現実逃避をしていることに気づかされ、目が覚めたような気がする。

    この短編集に出てくる人々はいつも孤独で不器用にみんなとつながって生きていくこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月11日

    素晴らしかった。
    後から振り返ってみると「なぜあんなことをしたのだろう」と後悔するような行動は、その時の自分にとっては必要なことであり、間違っていないのだろう。
    しかし、その時の正解は振り返った時に不正解になることもある。
    この本ではその行動がきっかけで、大切な何かが失われたり、認めたくない事実を受...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月04日

    サンダンス受賞の映画『君とぼくと虹色の世界』の監督・ミランダ・ジュライの短編集と聞いて。

    小説でも個性が輝いている。ファンタジー。ファンシー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    面白かったです。
    ミランダ・ジュライは初めて読みました。岸本佐知子さんの訳も読んでみたかったです。
    人々の関わりが濃く描かれていますが、ひどく孤独を感じました。濃密であればあるほど、独りで立っていました。
    この感覚は親しく思います。楽しく会話してても、ひとり、ということをまざまざと突き付けられること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています