掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集

掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2020年本屋大賞〔翻訳小説部門〕第2位。
第10回Twitter文学賞〔海外編〕第1位。

「アメリカ文学界最後の秘密」と呼ばれたルシア・ベルリン、初の邦訳作品集!


メディア、SNSで大反響!
朝日、日経、読売、毎日、東京、中日、北陸中日、北海道、河北新報、信濃毎日、京都、共同、週刊文春、週刊新潮、週刊朝日、文藝春秋、GINZA、MORE、FIGAR JAPON、VOGUE JAPAN、ELLE JAPON、クロワッサン、婦人公論、ミセス、本の雑誌、POPEYE、本の雑誌、mi-mollet、現代ビジネス、クーリエ・ジャポン、本の雑誌、図書新聞、週刊読書人、文藝、すばる、小説すばる、波、本、RKBラジオ、NHKラジオ深夜便、TOKYO FM。 J-WAVE……。「ダ・ヴィンチ」の「ひとめ惚れ大賞」受賞!

2013年にノーベル文学賞を受賞したアリス・マンローや、短篇の名手レイモンド・カーヴァー、日本で近年人気が高まっているリディア・デイヴィスなどの名だたる作家たちに影響を与えながら、寡作ゆえに一部のディープな文学ファンにのみその名を知られてきた作家、ルシア・ベルリン。

2004年の逝去から10年を経て、2015年、短篇集A Manual for Cleaning Womenが出版されると同書はたちまちベストセラーとなり、The New York Times Book Reviewはじめ、その年の多くのメディアのベスト本リストに選ばれました。
本書は、同書から岸本佐知子がよりすぐった24篇を収録。
この一冊を読めば、世界が「再発見」した、この注目の作家の世界がわかります!

このむきだしの言葉、魂から直接つかみとってきたような言葉を、
とにかく読んで、揺さぶられてください
――岸本佐知子「訳者あとがき」より

彼女の小説を読んでいると、自分がそれまで何をしていたかも、
どこにいるかも、自分が誰かさえ忘れてしまう。
――リディア・デイヴィスによる原書序文「物語こそがすべて」(本書収録)より

毎日バスに揺られて他人の家に通いながら、ひたすら死ぬことを思う掃除婦(「掃除婦のための手引き書」)。
夜明けにふるえる足で酒を買いに行くアルコール依存症のシングルマザー(「どうにもならない」)。
刑務所で囚人たちに創作を教える女性教師(「さあ土曜日だ」)。……
自身の人生に根ざして紡ぎ出された奇跡の文学。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2022年03月15日
紙の本の発売
2022年03月
サイズ(目安)
1MB

掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月24日

    カラフルで不恰好な磨かれていない石が無秩序に組み合わさった結果できた、唯一無二の輝きを放つ宝石。

    想像を超えるさまざまな経験のひとつひとつは、
    辛かったり苦しかったりするかもしれないけど、
    その人が生きることと対峙し、自分の人生を広義で謳歌し、そして自信と人生に魅力的な味を持たせる。

    本屋さんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    bookma 2022年04月29日

    読んでから何日もたっているのに、ふとした瞬間にこの小説が頭をよぎる。読み終えた瞬間よりも、時間が経過するごとに好きになっていく作品だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月11日

    単行本の時から気になっていた本。やっと文庫になったので手に取りました。短編24編収録。どの作品もミニシアター系の短編映画を見ているようでした。書かれた作品はそれぞれジェットコースターのような彼女の人生を反映していますが、悲痛な暗い影を引き摺っているような作品でも必ずユーモアがあり、今まで味わったこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月08日

    これは…各界で話題を呼ぶわけだよ。
    炭坑夫と娘としての極貧、父の成功に伴う海外での裕福な生活、幾度かの結婚、アルコール依存症、国語教師としての体験、子育て…人生のさまざまな時期をランダムにきりとって仕立てられた小品は、痛みと痛みと痛みと、思わぬところに潜む美しさに満ちている。そして著者のこの美貌。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月23日

    ほとんどが作家自身の人生の経験をもとにして書かれているから、ほとんどが同じ舞台や同じような状況下での話であるんだけど、飽きずに全ての話に引き込まれるのは作家の書き方に魅力が溢れるからこそ。訳者あとがきで指摘がある通り、そもそも作家自身の人生に起伏がありすぎて、どこを切り取るかでかなり味わいが違うって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月19日

    著者の実体験を基にしたフィクション。母親や母方の親戚に問題があって(モイハニンの血)、それが自分の人生にも影響し大変な人生を送る女性。父親はちゃんとした人のようだが影は薄い。悲惨と言っていい人生だが、悲壮感や他人への批判は感じない。常に孤独で、たまに築けたよい関係もすぐ終わる。しかし、束の間の時を共...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月01日

    リズムとかテンポがわたしの知ってるそれとは違くて、最初やや面食らうんだけど慣れてきたら刺激的で心地よい。

    結末でズバッと急転換して終わるのとかも好みでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月29日

    2004年亡くなったアメリカ文学界最後の秘密ルシアベルリン短編小説集。祖父、母、叔父、そして本人もアルコール依存症。鉱山技師の父の仕事により全米鉱山とチリで育ち3度の結婚4人の息子をNY、メキシコ、カリフォルニアで教師、掃除婦、電話交換手、ER看護助手などの仕事。救いのない話が淡々と綴られる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月23日

    アルコール依存症一家に生まれ、アメリカ合衆国、チリ、メキシコと居住地を転々としながら、2度の離婚、3人の夫、4人の子ども達と駆け抜けてきた著者ルシア・ベルリンの起伏に富んだ人生を下地にした短編集。

    正直、何を読み取るべきかは暗黙的で、単純なエンターテイメントというよりはいささか文学的。
    巻末で熱烈...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月08日

    「小説のような人生、ではなく人生は小説」なのかなと思った。

    入り込むまでに時間がかかったけど、途中で↑に気づいて没頭して読めた。目まぐるしく変わる生活と荒々しい感情の揺れに眩暈がした。比喩表現の鬼だな、と(とてもいい意味で)。

    タイトルにもなった「掃除婦のための手引き書」もよかったけど、「ソー・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集 に関連する特集・キャンペーン