堂場瞬一の一覧

「堂場瞬一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:堂場瞬一(ドウバシュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年05月21日
  • 出身地:日本 / 茨城県
  • 職業:作家

青山学院大学国際政治経済学部卒。2001年『8年』でデビュー。『刑事・鳴沢了シリーズ』シリーズ、『警視庁失踪課・高城賢吾』シリーズ、『アナザーフェイス』など多数の作品を手がける。『アナザーフェイス』をはじめ多くの作品がドラマ化されている。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

週刊文春 2021年5月6・13日号
沈黙の終わり(下)
続巻入荷
1870円(税込)
文藝春秋2021年5月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/04/30更新

ユーザーレビュー

  • 検証捜査
    警視庁捜査一課から伊豆大島の警察署に左遷された神谷。
    そんな彼が「特命」の名の下、警察庁への出向という形で東京に呼び戻される
    神谷以外にも、日本各地から4人の刑事達が召集されており、警察庁のキャリア官僚をキャップに据えチームを編成。
    神奈川県警及び警視庁の犯人捏造・事件隠蔽に関わる組織の闇を暴...続きを読む
  • コーチ
    数多の警察小説は読んでいるが、コーチ役の刑事が主人公の小説を初めて読みました。
    第二部では”教え子”達がコーチを慮り随所に成長を感じられ爽やかな読後感であった。
  • 迷路の始まり ラストライン3
    シリーズ3作目にして新たな展開を迎えたラストライン。
    METOと言う犯罪組織を追って、タイトル通り「迷路」に入り込んでしまう岩倉。
    意見の対立から捜査本部を追われ、独自に捜査を続けるはめになったり、犯人を追い込んだものの命の危険にさらされ負傷するなど、とにかく今回はスリリングな展開でハラハラドキ...続きを読む
  • 骨を追え ラストライン4
    本作は<ラストライン>というシリーズの第4作と位置付けられている。が、<ラストライン>の主人公である「ガンさん」こと岩倉刑事の他、<警視庁犯罪被害者支援課>の主人公である村野も登場し、「本作の2人目の主人公」というような存在感を示す。
    同じ作者による別シリーズ、<警視庁追跡捜査係>のシリーズで『時効...続きを読む
  • 闇の叫び アナザーフェイス9
    シリーズ最終作は、児童虐待という今までで一番重たく悲しい事件の捜査。
    自分と優斗の姿を重ね合わせ、いつになく冷静さを失い心乱れる大友だが、家族や仲間達に支えられ事件解決に奔走する。

    最終作に相応しく⁉︎、まさにオールスター総出演。優斗に柴、敦美は当然のことながら、お久しぶりの福原、後山、聖子...続きを読む