「堂場瞬一」おすすめ作品一覧

「堂場瞬一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:堂場瞬一(ドウバシュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年05月21日
  • 出身地:日本 / 茨城県
  • 職業:作家

青山学院大学国際政治経済学部卒。2001年『8年』でデビュー。『刑事・鳴沢了シリーズ』シリーズ、『警視庁失踪課・高城賢吾』シリーズ、『アナザーフェイス』など多数の作品を手がける。『アナザーフェイス』をはじめ多くの作品がドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

4/27入荷
砂の家
1836円(税込)
購入予約
NEW
週刊文春 5月3・10合併号

作品一覧

2018/04/26更新

久遠 刑事・鳴沢了
  • ブラウザ試し読み

久遠 刑事・鳴沢了
  • ブラウザ試し読み

疑装 刑事・鳴沢了
  • ブラウザ試し読み

無料あり
メビウス1974 試し読み増量版
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • チーム 堂場瞬一スポーツ小説コレクション
    陸上部ものって結構読んでる。一瞬の風になれ 彼女の知らない彼女 陸王、そして 風が強く吹いている。「風が」は同じ箱根駅伝がテーマだったし、本屋大賞とってるけど、そのリアリティーのなさに、何度もそれはないでしょって思った。本作品のチームには、リアリティーがある。寄せ集めの学連選抜が箱根での激闘のなかで...続きを読む
  • 闇の叫び アナザーフェイス9
    このシリーズ完結編。
    なんだか寂しいなぁ~
    この話は、親として考えさせられました。
    子供、成人したから大丈夫ではないんだと。
    生れてから育って行く過程がどんなにか大事だという事。
    両親揃っていても起こりうることです。
    優斗はいい子に育っている。
    中学三年生、父親と外食する姿が微笑ましかった。
    そして...続きを読む
  • 潜る女 アナザーフェイス8
    このシリーズは好きでずっと読んでいるが、少しマンネリ感もあった。そんな中で、今回はなかなか意外な展開だったし、結末も切なくて…。最後の救いはまあちょっとそんな簡単なものではないと思いつつも、このシリーズの醍醐味部分でもあるしな。
    テツが話を聴くときの、まずは観察する感じや話の展開の仕方など、リサーチ...続きを読む
  • 時限捜査
    検証捜査メンバーの登場する4作目で、今度は大阪の島村さんが主役。梅田署(実際には曾根崎署)の署長最後の日に連続して起きる事件。島村さんらしい署長が描かれている。神谷も絡んで来て、健在のようだ。大阪の街、キタの描写もなかなかいい。
  • チーム2 堂場瞬一スポーツ小説コレクション
    待望の「チームⅡ」、やっと読めた。


    箱根のテレビ中継を観ながらそわそわし始める山城が、なんか可愛い(笑)。

    いっときは確かに、不安を募らせ弱々しさっぽい姿も見せはじめた・・・しかし、それを支える「チーム山城」。

    心を開きそうで開かない、じれったい感じ・・・昭和のラブコメ漫画の如し(笑)。

    ...続きを読む

特集