堂場瞬一の一覧

「堂場瞬一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:堂場瞬一(ドウバシュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年05月21日
  • 出身地:日本 / 茨城県
  • 職業:作家

青山学院大学国際政治経済学部卒。2001年『8年』でデビュー。『刑事・鳴沢了シリーズ』シリーズ、『警視庁失踪課・高城賢吾』シリーズ、『アナザーフェイス』など多数の作品を手がける。『アナザーフェイス』をはじめ多くの作品がドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/07/04更新

ユーザーレビュー

  • 大連合
    堂場瞬一のアイデア物。極端な設定から感動的なストーリーを紡ぐ。
     そりゃあ出てくる登場人物が、ちょっとみんなエッジ効き過ぎているけれども。
     それにしても、問題が起こった時に「状況」を言い訳にするというのは、「大人」たちの取りがちな行動だ。
  • 空白の家族 警視庁犯罪被害者支援課7
    シリーズの中で一番面白かった。
    終盤、犯人の目星はついたけれど真相に迫る場面の緊迫感はたまらない。

    とうとうスカウトされましたね。

    次作のコラボに期待。
  • 闇夜 警視庁失踪課・高城賢吾
    前回、骨が見つかったところで終わったのですが、その骨が娘の綾奈であることがわかり、失意の中でお酒に溺れていく主人公。

    そんな彼の元に、娘が亡くなった時と同じぐらいの年齢の子が家に帰ってこない。という通報が来て主人公も捜査に参加します。

    主人公の立ち直るきっかけになればと思い、読み進めました。...続きを読む
  • 錯迷
    堂場瞬一さんの警察小説はこれまでにもポツポツと読んでいましたが、久しぶりに読んだこの作品は実に面白かったです。

    エリート中のエリートである主人公が、最後に部下たちに向かって放った言葉の重さにはじんわりと感動しました。上が責任を取る、ということはどういう覚悟を持ってすべきなのか、ということをしっかり...続きを読む
  • 夜の終焉(上)
    引き込まれるお話でした。殺人事件の被害者と加害者家族の人生がこれからどう交わっていくのか…。下巻も楽しみです。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!