横溝正史の一覧

「横溝正史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:横溝正史(ヨコミゾセイシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1902年05月24日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

大阪薬学専門学校卒。1948年『本陣殺人事件』により第1回日本探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞。『八つ墓村』、『犬神家の一族』、『悪魔の手毬唄』、『病院坂の首縊りの家』など数えきれないほど多くの作品を手がける。『犬神家の一族』をはじめとする多くの作品が映画化され評判となった。

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 金田一耕助ファイル3 獄門島
    金第一耕助シリーズ最高傑作!!
    週間文庫、「東西ミステリーベスト100」堂々の1位!!
    ミステリー小説の金字塔!!

    天晴れの一言です。
    かなり昔の作品ですが、今読んでも色褪せないお手本となるような作品です。
    事件が起こる事を事前に知っていてもそれを防ぐ事が出来ない!次々と予言通りに殺されていく被害...続きを読む
  • 金田一耕助ファイル5 犬神家の一族
    横溝正史は、初めて読んだ。
    そして、度肝を抜かれた。
    夢中で読んでいた。
    ドキドキとワクワクが止まらなかった。
    何故、もっと早く読んでおかなかったのかと、後悔している。
    それくらい、魅力のある作家だと思う。
  • 金田一耕助ファイル3 獄門島
    島の閉鎖的な環境、一族のドラマチックな現状、詩情溢れる三人娘の名前。戦後間もない舞台でいかにも不穏な人間模様の描写がくどくど続くが、引き込まれる。
    ミステリーものの登場人物は大抵疑わしく思わせぶりな態度を見せ、いかにも作者の思惑通りに動いている白々しさを感じる時がある。ここ獄門島では人はそう単純でな...続きを読む
  • 金田一耕助ファイル1 八つ墓村
    再読
    なのだが読み始めるまでそうであることに気付かなかったし犯人も作中で明かされるまでわからなかった
    つまり読んだことしか思い出せなかった
    明治から昭和前期の日本だからこそ成立する冒険ミステリの最高峰であり
    後進の様々な娯楽作品への影響絶大な古典
    探偵が必要ないのでミステリとしてはどうなんだという欠...続きを読む
  • 金田一耕助ファイル12 悪魔の手毬唄
    本格ミステリの雰囲気充分な作品
    犯人の動機の意外性も
    名探偵の無能で有能な演出も実にみごと
    簡単な筋書きを重厚にそれでいてくどくなく見せる手腕は流石の一言

特集