横溝正史の一覧

「横溝正史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:横溝正史(ヨコミゾセイシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1902年05月24日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

大阪薬学専門学校卒。1948年『本陣殺人事件』により第1回日本探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞。『八つ墓村』、『犬神家の一族』、『悪魔の手毬唄』、『病院坂の首縊りの家』など数えきれないほど多くの作品を手がける。『犬神家の一族』をはじめとする多くの作品が映画化され評判となった。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/09/18更新

ユーザーレビュー

  • 金田一耕助ファイル5 犬神家の一族
    こんなに面白い小説があるのかと震えた。ミステリー小説とはこいつのことだと思った。また一つ文学の世界に引き込まれた作品であった。
  • 金田一耕助ファイル7 夜歩く
    面白かった!
    登場人物もそれほど多くなく、スルスルと読めました。
    金田一耕助の出番はだいぶ後半でまだかまだかと待っていました。それも登場人物に探偵小説家がいたせいもあるかと思いますが、最後にこれが効いてくるのが面白かったです。
  • 金田一耕助ファイル3 獄門島
    何十年ぶりの再読です。
    見立て殺人の状況と犯人は覚えていましたが、横溝作品の一番大事な部分である「なぜ?」が完全に頭から抜け落ちていました。
    当時、字面しかなぞっていなかったのが良く解りました。

    「○○○○じゃが・・・・・」のセリフも、活字でこそのものだと感じました。
    (おそらく、同じセリフでの制...続きを読む
  • 金田一耕助ファイル1 八つ墓村
    不思議な因縁と、私欲が入り混じる。美濃牛を読んで読んでみたくなって読みました。
    おなじ殺人手法が続くので、ありえるか?と思ったけど、それもまた一興ということで、ありですね。
  • 金田一耕助ファイル3 獄門島
    犬神家の一族、八つ墓村、悪魔の手毬唄の順で読んできて、他にも有名な作品を読みたいと思い、購入しました。ストーリー、トリック、キャラクター、どれをとっても上記の作品の中でも一番秀逸でした。ストーリーは、こいつが犯人だと思っていると、ひっくり返されます。キャラクターは、お志保さんが印象的でした。特に、道...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!