「池波正太郎」おすすめ作品一覧

「池波正太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池波正太郎(イケナミショウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1923年01月25日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

戦国、江戸時代を舞台にした時代小説『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など多数の作品を手がける。作品の多くはテレビドラマ化や映画化されており、多くの賞も受賞している。1985年紫綬褒章受章。没後、勲三等瑞宝章受章。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 鬼平犯科帳(二)
     切なめの話もあれば、何だか笑える話もあって、バラエティに富んでるなぁ、という感じ。
     木村さんがね。

     それにしても、平蔵さんがこれだけ手を焼いた葵小僧はすごいと思うけど、いろんな人の簡単に声色を真似る小四郎さんがすごすぎると思うんだけど。
  • 鬼平犯科帳(四)
    鬼の平蔵に対する盗賊達の復讐の連鎖がこの物語の底流を流れているのだが、読者を飽きさせることのない筆致が凄いと思う。「密通」で妻方の伯父に対して仕掛けた場面での最後の一言がふるっている。「あばたの新助」の末期は哀れであった。「夜鷹殺し」の下手人である旗本を斬って捨てる平蔵。本巻解説にもあるとおり、人の...続きを読む
  • 鬼平犯科帳(三)
    平蔵が一時御役を解任されて京へ遊山に旅立つのだが……やはり事件に遭遇したり首を突っ込んだりと、いやはや大変な道中になった。老盗賊から盗みの秘伝をしらばくれて伝授されようとするところは、なかなかに面白かった。平蔵一人で浪人どもと戦う段では、手傷を負い「もうダメか?!」って時に左馬之助が現れる。何とも憎...続きを読む
  • 鬼平犯科帳(十四)
    「五月闇」で危篤の伊三次、それに続く「さむらい松五郎」冒頭での伊三次の死は、一つの山場であり悲しみであった。忠吾が己の菩提寺に伊三次の墓を建立し墓参する姿に、こちらも涙が溢れそうになった。「さむらい松五郎」での忠吾の活躍は、そんな悲しみを忘れさせてくれた。それにしても須坂の峰蔵はその後どうなるのか?...続きを読む
  • 鬼平犯科帳(十三)
    この巻では、急に大人びた辰蔵に少し戸惑いながらも頼もしくさえ思えた。「墨つぼの孫八」の結末は呆気なかったな。「一本眉」はいろいろと考えさせられる。本格派盗賊が畜生盗めの盗賊を<成敗>する様は、何ともすっきりしないものがある。そして、最後に盗めの当てを仄めかす清州の甚五郎の不敵な台詞。この後、何かがあ...続きを読む

特集