霧に消えた影 池波正太郎傑作歴史短編集

霧に消えた影 池波正太郎傑作歴史短編集

作者名 :
通常価格 520円 (473円+税)
紙の本 [参考] 555円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

希代の戦術家・真田幸村の手足となってゲリラ戦を展開した奥村弥五兵衛。お家騒動を避けようと二代将軍に秀康を推したがために、土井利勝に失脚させられた本多正純。幕臣の「微衷」から、上野の山にこもり官軍と戦った彰義隊。彼らが生きながら象った歴史の光と影を、著者自身の歴史観・人物観をまじえながら浮き彫りにする、珠玉の歴史エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2022年05月13日
紙の本の発売
1992年02月
サイズ(目安)
1MB

霧に消えた影 池波正太郎傑作歴史短編集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    短編集。池波正太郎氏による短編であり、それぞれが歴史の光と影を真正面から捉えている。徳川家の間諜として15年に渡り潜伏した蜂谷与助や、妻を売る寵臣牧野成貞、実説鏡山女仇討ち事件など、他ではお目にかかれない名作がいっぱいであり、読み応えがあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月09日

    池波正太郎氏の直木賞受賞後の昭和35~40年頃の歴史読本に連載された10編。氏の得意とする真田ゲリラ隊、動乱の詩人西郷隆盛、明治の劍聖山田次朗吉はオススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月25日

    関ヶ原の間者、真田、光秀、綱吉の側近だった牧野成貞、釣天井事件、鏡山仇討事件、家光の弟・駿河大納言、彰義隊、西郷隆盛、山田次朗吉の計10話。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHP文芸文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング