忍びの旗

忍びの旗

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

戦乱の渦がいやおうなく忍びの世界をも巻きこんだ豊臣秀吉の治世――甲賀忍者・上田源五郎は、亡父の敵とは知らず、その娘を愛した。彼の運命を変えたのは、実にこの時であった。“忍びの生死は闇から闇へ消えるもの。だが俺は……”組織の非情の掟にそむき、執拗な追跡をうけつつも、人間の熱い血と忍者の苛酷な使命とを、見事に溶け合わせて生きぬいた男の流転の生涯。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
644ページ
電子版発売日
2012年10月05日
サイズ(目安)
1MB

忍びの旗 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年03月13日

    最初は未熟さが感じられた源五郎ですが、後半、“自分の思うまま”に行動し始めてからは、グンと格好良くなりましたね。いつの時代も組織を抜けるのは大変なことです・・・。
    あと、山岸十兵衛が男らしい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月19日

    甲賀忍者・上田源五郎の流転の生涯を描いた作品。しかし、単純な忍者小説では終わらず源五郎にとっての家族というものを主題にした文学である。私の暮らす埼玉にあった武州鉢形城も作品の中で重要な役割で描かれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    著者の戦国忍者シリーズ。忍者・上田源五郎の生涯が描かれている。登場するのは武蔵・鉢形城主・北条氏邦とその家臣・山岸十兵衛。彼らを探る任務と愛する者を守り抜くことを両立しながら、生涯を全うする姿を堪能しよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月02日

    全1巻。
    池波先生忍者シリーズ。
    小田原征伐。

    うーん。
    忍者シリーズで一番別枠かも。

    一応小田原征伐の、しかも小田原目線ってんで
    少し珍しくて期待したんだけど、
    あまり史実と関わらない。
    主人公個人の物語。

    小田原以後は甲賀VS主人公の逃走劇。
    といってもあんまり盛り上がらない。
    なんか物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

忍びの旗 に関連する特集・キャンペーン